前十字靭帯断裂の手術において腰から麻酔を行なう理由とは?

スポンサードリンク

前十字靭帯断裂の手術において腰から麻酔を行なう理由とは?

ページ内更新情報 

を更新しました。
関連記事 
後十字靭帯損傷と断裂の違いは?
後十字靭帯(PCL)とは?後十字靭帯断裂、損傷は何科?PCLとは?靭帯損傷と靭帯断裂の違い、症状、原因、検査テスト、治療方法(治し方)、対処法、治療期間、リハビリ、膝サポーター、ギプス、テーピング、効く薬、スポーツ復帰について解説してます。
前十字靭帯断裂、損傷したスポーツ選手と芸能人
プロ選手、芸能人の前十字靭帯断裂、損傷した、J1のプロサッカー、プロ野球、相撲力士、NBAのプロバスケットボール、NFL アメリカンフットボール、スキー、ボクシングなどの選手、前十字靭帯断裂、損傷しやすいプロスポーツは?について解説してます。  


前十字靭帯断裂の手術後の痛み
前十字靭帯を損傷すると、最初の数分間は痛みのために立ち上がれなくなり、その後膝が腫れてきて動かしにくい状態となります。症状は自然に回復しますが、この部分を損傷したまま放っておくと、膝が外れやすいなどの症状がでて、その後の生活に資料が出るため、前十字靭帯断裂の手術が必要となります。


前十字靭帯断裂の手術の尿道カテーテルは痛い
前十字靭帯断裂の手術では、全身麻酔または下半身麻酔をすることになります。麻酔のため尿を排出する力がなくなりますので、尿道カテーテルを入れることになります。人によっては、麻酔が切れたときや、尿道カテーテルを抜くときに痛いと感じることがあります。


前十字靭帯断裂の手術の麻酔を腰から行う理由
前十字靭帯断裂の手術においては、腰に麻酔をします。 腰から麻酔を行なう事で広く麻酔の効果を適用させる事により、靭帯のみならず周辺部位の手術やケアが可能な事がその理由です。 麻酔の効果は高く、手術中は膝を何か触っている感じが解かる程度で済みます。


前十字靭帯断裂の手術のための入院日数
前十字靭帯断裂の手術を行う場合、手術前日に入院をすることになります。手術当日は安静にし、術後2日目からリハビリを開始します。だいたい10日前後で日常の生活が可能となってからの退院となりますので、入院日数としては12日程度を見たほうが良いでしょう。


前十字靭帯断裂の手術後のリハビリ
前十字靭帯断裂の手術後のリハビリは、術後2日目に無理のない範囲で開始します。リハビリの内容としては、膝の関節の可動域、筋力、歩行といった訓練が中心となります。なお、院内の生活では事故防止のため、1週間ほど松葉杖を使用することになります。


前十字靭帯断裂(膝)の手術と費用と保険について
前十字靭帯断裂(膝)の手術は、膝小僧の下にある靭帯にボルトを使って固定をします。痛みはしばらくあり、数日の入院が必要になります。靭帯断裂はスポーツ選手に多く、転倒や方向転換など激しい動きを繰り返すことで起きます。
前十字靭帯断裂(膝)の手術をする場合、手術時間は一般的に約1時間〜1時間半ぐらいで手術後の入院日数は最低でも1週間と言われており、長くても2週間が目安となっています。
費用の一例として、約2週間入院した場合に保険を使ったあとの3割負担分で60万円ぐらいだと言われています。もちろん保険の種類や入院期間などによって費用は異なります。


前十時靭帯(ACL)の手術で行われるBTB法
サッカーやバスケット、スキーをしている選手に良くある怪我で前十字靭帯断裂といったものがあります。この前十字靭帯断裂(膝)の手術としてBTB法と言われるものがありますが、これは余所の腱を骨ごと採取して靭帯の代わりに用いるという方法です。


再建手術で改善することができます。
右膝前十字靭帯断裂(膝)は、スケート選手などのアスリートや、スキーなどの事故を起こしたときに起こります。普段の生活に問題はありませんが、痛みがひどいと右足をかばうために左膝にも負担がかかり、最悪歩けなくなる可能性があります。再建手術とリハビリで、改善することができます。

関節炎になったときの症状、スポーツ時には右膝前十字靭帯損傷に要注意、膝の痛みや違和感の原因、ダウンスイング中、ゴルフスイングで右膝が痛い場合、右膝内障の治療、右膝裏の痛みの原因、右膝内側が痛いの原因、右膝外側の痛みの原因はを解説してます。
右膝を痛める主な6大原因

左膝の痛みと前十字靭帯損傷の症状について、左膝の裏が痛い原因、左膝の内側の痛みの原因、左膝の外側が痛い原因、左膝の違和感、だるい、左膝が流れる要因、ゴルフフォームと左膝の動き、左膝骨折についてなどの左膝が痛い主な7つの原因を解説してます。
左膝が痛い主な7つの原因


前十字靭帯断裂の手術はどこの病院がいい?
スポーツ専門医や名医(膝の権威のある医者)の方にはやはりプロのアスリートの方が多く治療されています。
スポーツ専門医がいる病院で、プロスポーツ選手がよくケガをした時に行く病院がいいと思います。


前十字靭帯断裂の手術後のリハビリ
車いすの画像
リハビリ期間は個人の症状、病院によって違うので、あくまでも目安です。
手術の次の日の朝からリハビリ開始。
4週ほどで松葉杖が取れ、
3ヶ月までは装具固定により制限
6ヶ月でジョギングなどの軽い運動の許可
9ヶ月でジャンプなどの高負荷の許可
12ヶ月でスポーツ復帰
ハーフスクワット、つま先立ち、自転車こぎ運動開始

スポンサードリンク

関連ページ

前十字靭帯断裂、損傷
4つの膝の靭帯、原因、症状、ACLとは?痛みは?手術以外で治る?自然治癒する?手術しないでスポーツ復帰できる?スポーツ専門医、名医(膝の権威のある医者)、どこの病院がいい?前十字靭帯断裂しやすいプロスポーツは?リハビリについて解説してます。
前十字靭帯を痛めた海外のサッカー選手
MFスチュアート・ホールデン選手が引退を表明、左ひざ前十字じん帯断裂で長期離脱したケヴィン・ストロートマン選手、ハビ・マルティネス選手がドイツスーパーカップで左膝前十字靭帯断裂、移籍させる価値があるラダメル・ファルカオ選手を解説してます。
前十字靭帯断裂、損傷したスポーツ選手
プロ選手、芸能人の前十字靭帯断裂、損傷した、J1のプロサッカー、プロ野球、相撲力士、NBAのプロバスケットボール、NFL アメリカンフットボール、スキー、ボクシングなどの選手、前十字靭帯断裂、損傷しやすいプロスポーツは?について解説してます。
前十字靱帯を痛めたスポーツ選手
右ひざ前十字靱帯損傷の怪我をしたことを発表、全治するまでには6ヶ月から8ヶ月ほどかかる見込み、左膝前十字靱帯断裂の手術をしないで治療することを発表した選手、半月板も負傷、手術を経験していた、今季絶望を解説してます。
前十字靭帯を痛めたアメフトの選手
スコット・チャンドラー選手が2度目の前十字靭帯の修復手術、ジャマール・チャールズ選手は前十字靭帯断裂経験者、ジョーディ・ネルソン選手が前十字靭帯断裂のために出場できず、ダンテ・ファウラー選手は前十字靭帯断裂を患ったを解説してます。
acl損傷
acl損傷の評価方法、症状、リハビリは段階的に行う、acl損傷のリハビリは理学療法、acl損傷の怖さとその再建術、前方引き出しテスト、膝がいつもある場所にない感じ、大腿を中心とした筋力を回復させる、スポーツ選手は無理をしがちを解説してます。