acl損傷(前十字靱帯損傷)の評価方法は前方引き出しテストという方法です

スポンサードリンク

acl損傷(前十字靱帯損傷)の評価方法は前方引き出しテストという方法です

 

ACL=前十字靱帯

 

 

acl損傷の評価方法
acl損傷の評価方法は、前方引き出しテストという方法でテストします。姿勢は、仰向けに寝て膝を90度屈曲位に保ち足の甲に座り押さえてジョイントラインに両手親指を当て脛骨を前方へ引き出します。前方の動きや痛みがある場合損傷の疑いがあります。

 

 

acl損傷の症状について
acl損傷の症状は、膝がガクッとずれてしまったり、膝がいつもある場所にない感じがする、断裂した音が聞こえたりします。痛みや腫れは2から3日くらいでピークは、落ち着きます。また、歩けなくなるのですが、2週間ほどで歩けるようになります。

 

 

リハビリは段階的に行います
acl損傷の手術後のリハビリテーションは、できるだけ早く膝の関節の動く範囲を元通りに回復させて、大腿を中心とした筋力を回復させる目的で行われます。それぞれの時期で目標となる課題があり、段階的にリハビリを進める必要があります。

 

 

acl損傷のリハビリは理学療法士の指導をよく聞きましょう
acl損傷は、サッカーなどのコンタクトが多いスポーツを通じて起こることが多い怪我です。歩行訓練に至るまで1ヶ月ほどを要しますが、練習を休みたくないスポーツ選手は無理をしがちです。理学療法士の指導を守り、リハビリを続ける事こそが完治への近道です。

 

 

acl損傷の怖さとその再建術
acl損傷とは、最近になってよく、おこっているケガであり、スポーツのプレー中におこることが多いといわれています。激痛が走るとされ、その後のプレーは不可能なケースが多いといいます。その再建術が大きな注目を集めています。

 

スポンサードリンク

関連ページ

前十字靭帯断裂、損傷
4つの膝の靭帯、原因、症状、ACLとは?痛みは?手術以外で治る?自然治癒する?手術しないでスポーツ復帰できる?スポーツ専門医、名医(膝の権威のある医者)、どこの病院がいい?前十字靭帯断裂しやすいプロスポーツは?リハビリについて解説してます。
前十字靭帯断裂の手術
前十字靭帯断裂の手術後の痛み、前十字靭帯断裂の手術の尿道カテーテルは痛い、前十字靭帯断裂の手術の麻酔を腰から行う理由、前十字靭帯断裂の手術のための入院日数、前十字靭帯断裂の手術後のリハビリ、全身麻酔または下半身麻酔をするを解説してます。
前十字靭帯を痛めた海外のサッカー選手
MFスチュアート・ホールデン選手が引退を表明、左ひざ前十字じん帯断裂で長期離脱したケヴィン・ストロートマン選手、ハビ・マルティネス選手がドイツスーパーカップで左膝前十字靭帯断裂、移籍させる価値があるラダメル・ファルカオ選手を解説してます。
前十字靭帯断裂、損傷したスポーツ選手
プロ選手、芸能人の前十字靭帯断裂、損傷した、J1のプロサッカー、プロ野球、相撲力士、NBAのプロバスケットボール、NFL アメリカンフットボール、スキー、ボクシングなどの選手、前十字靭帯断裂、損傷しやすいプロスポーツは?について解説してます。
前十字靱帯を痛めたスポーツ選手
右ひざ前十字靱帯損傷の怪我をしたことを発表、全治するまでには6ヶ月から8ヶ月ほどかかる見込み、左膝前十字靱帯断裂の手術をしないで治療することを発表した選手、半月板も負傷、手術を経験していた、今季絶望を解説してます。
前十字靭帯を痛めたアメフトの選手
スコット・チャンドラー選手が2度目の前十字靭帯の修復手術、ジャマール・チャールズ選手は前十字靭帯断裂経験者、ジョーディ・ネルソン選手が前十字靭帯断裂のために出場できず、ダンテ・ファウラー選手は前十字靭帯断裂を患ったを解説してます。