膝の内側の筋肉に悪い5の動作とは

膝の内側の筋肉に悪い5の動作とは

悪い5の動作
足を組む
女の子座り
階段の上り下り
しゃがむ
立つ時に内股になる人

 

 

 

膝の内側の筋肉痛がでる
日頃ジョギングやウォーキングをしている人には、あまりなることが少ないと思いますが、お子様の運動会で保護者参加のリレー等に参加した翌日など日頃使わない筋肉を使う為筋肉痛になる方もいらっしゃいます。特に痛みがでるのが膝の内側の筋肉です。必ずウォームアップをし、疲労筋肉痛を残さないようにしましょう。

 

 

膝の内側の筋肉の痛み〜筋肉痛の原因
膝の内側の筋肉の痛みを感じる人は多いようです。 こういう筋肉痛はなぜ起きるのでしょうか。 原因は大体が膝の使い過ぎです。 日常的な運動や、膝の使い方の悪さで起こる場合は、鳶足炎の可能性が高いです。 使い方は、足を組む、女の子座り、階段の上り下り・しゃがむ・立つ時などに内股になる人が危ないです。 鳶足炎は膝付近の筋肉が硬くなりやすく、ストレッチなどで伸ばしたりします。 まずは普段の姿勢を見直しましょう。

 

 

肉離れの中で激痛が走る膝の内側の肉離れ
身体の中で肉離れが発生した場合には、強い痛みを感じますが、特に膝の内側の肉離れは激痛が走ります。足がひきつったような感覚に陥り、膝を伸ばすことが困難になります。肉離れが解消するまでに曲げずに伸ばし、患部を冷やすと次第に痛みが治まります。

 

 

効果的な膝の内側の筋トレ
加齢による膝の痛みの予防や改善、そして下半身のダイエットに効果的なのが膝の内側の筋トレです。 膝の内側の筋の方法は仰向けに寝て片足を三角形に曲げ、もう片方の足を垂直に10cm〜15cm5秒上げてゆっくり足を下ろすという方法を両足10回〜15回行います。

 

 

膝の内側広筋と膝の痛み
膝関節や軟骨に異常がなくても膝の内側広筋や大腿直筋にトリガーポイントができると痛みを感じるようになります。この場合は腰方形筋や小臀筋のトリガーポイントを不活性化した後に膝の内側広筋などの筋肉のトリガーポイントを弛めることで痛みを軽減することが可能です。

スポンサードリンク

関連ページ

膝の内側が痛いのは15の疾患
膝の内側が痛いときには、内側側副靭帯損傷で捻挫かも、陸上選手やサッカーをする人に見られる症状鵞足炎の可能性、スキー時の半月板の損傷、高い伸縮性を持ったキネシオテーピング、変形性膝関節症は、中高年に多く見られる疾患についてを解説してます。
膝の内側の圧痛、激痛の原因
膝の内側の痛みを感じる原因のスポーツ、鵞足炎を発症している可能性、膝の内側には3本の腱が集まっている場所がある、骨や腱どうしがこすれる、大腿四等筋の筋力不足、筋肉が凝り固まる、若い人に多い症状、炎症を防ぐ方法を解説してます。
膝の内側の上と裏の痛みの原因
膝の内側の上の痛みの原因、裏側の痛み、むくみの原因は、水が溜まる原因、半月板損傷や変形性膝関節症、鵞足炎など、ホルモンバランスの崩れ、軟骨がすり減り出した初期に起こる、軟骨の破壊、違和感の原因、軟骨が変形するを解説してます。
膝の内側の出っ張りやこぶの原因
膝の内側の出っ張りの痛み、の内側のこぶは悪性の場合危険です、早めの検査が病気の発見、膝の内側の骨が出てるという症状、原因は歩き方にある、内側側副靭帯損傷、変形性膝関節症など、こぶは良性と悪性があります、手軽で簡単な改善方法を解説してます。
膝の内側の骨は関節痛が起こりやすい
膝の内側の骨、膝の内側の骨の痛み、打撲ではなく実は膝の内側の骨折だった、膝関節の軟骨、内出血が起こる、カルシウムの多い食品を毎日摂取する、膝のクッションの役割、内出血を治すには、軟骨が摩耗や損傷するを解説してます。