膝のアイシングで修復がはやくなる7大効果とは

スポンサードリンク

膝のアイシングで修復がはやくなる7大効果とは

ページ内更新情報 

を更新しました。
関連記事 
膝皿の割れる、ずれるのは膝蓋大腿関節症、膝蓋軟骨軟化症の可能性があります
年を重ねると膝皿痛が発生する、膝皿の骨折は手術が必要な場合も、膝を強打したら骨折の疑い?、膝皿の下の痛み、膝皿のはずれる動く症状、膝皿骨折とリハビリ、膝皿を打撲した時の対処法、膝皿の辺りのテーピングやストレッチが有効を解説してます。
膝蓋軟骨軟化症の治し方(5つの治療方法)
膝蓋軟骨軟化症とは?膝蓋軟骨軟化症の読み方、症状、原因、病院の何科?検査方法、別名ランナー膝ともいわれる、治し方(5つの治療方法)、予防対処法、リハビリ、テーピング、膝蓋軟骨軟化症はどんな人がなりやすい?両膝蓋軟骨軟化症について解説してます。
膝の打撲の自己判断は危険です
膝の打撲への対応と治療期間、痛み、腫れ、内出血、しびれなどの症状、テーピングやサポーターを使用する、処置はなるべく早くしたほうが良い?膝の打撲の後遺症、自転車を走行中の打撲、スノボで膝の打撲、膝の打撲で水が溜まる?を解説してます。
膝の負担を軽減する6つの方法
ランニング時の膝の負担を軽減、膝の負担スクワット回数、膝の負担を減らすスニーカーとは?膝の負担軽減はダイエット体重コントロール、膝の負担が少ない運動とは?ダイエットするには膝の負担や腰の負担が少ない自転車ですを解説してます。 

膝のアイシング7大効果とは
血液循環がよくなる
酸素供給が増大
栄養の供給が増大
疲労回復
炎症が抑えられる
痛みの軽減
修復が早くなる


膝のアイシングの方法と効果
アイシングとは、氷や水などを用いて体を局所的に冷却することをいいます。膝のアイシングの方法は、まず氷・氷嚢 ・三角巾を準備します。氷嚢の半分程に氷を入れて、水を足します。直接痛みのある膝部位に、5分から10分氷嚢をあ てます。動く必要がある場合は、三角巾で固定してください。その効果は、血液循環がよくなり、酸素や栄養の供給が 増大し、患部の組織の修復がはやくなるということです。


怪我を未然に防ぐためにアイシングで熱を抑えサポーターを装着
ランニング中に膝痛を感じたら膝のアイシングをする事で、膝痛を軽減できます。放置してそのまま続けると悪化する 可能性があるので、アイシングで熱を抑えサポーターを装着します。膝が保護される事で怪我を未然に防ぐ事ができま す。


ランニングによるランナー膝を回復させる膝のアイシングについて
現在は健康の意識が高まりランニングがブームと言われています。このランニングにおいてよく起こるのがランナー膝 です。これは走ることにより膝に負担がかかって、炎症が起こる症状のことです。これには膝のアイシングが効果的で す。走り終わった後は素早く膝をアイシングすることで炎症が抑えられ、疲労の回復にもつながります。


運動した後の膝のケアとアイシングを行う時間
運動をした後などの膝の痛みを軽減するケアが膝のアイシングです。氷を氷嚢に入れ直接痛みや炎症のある膝に当てて 冷却することにより痛みの軽減、冷えた患部を暖めようと血行が良くなり、酸素や栄養が行き渡りやすくなって患部の 組織の修復が早くなるメリットがあります。膝のアイシングを行う時間は約5〜10分程度でそのまま膝に当て続けます 。感覚が無くなったら凍傷予防のために膝から氷を必ず離してください。


緊急時におすすめの膝のアイシング用品
ショギングやハイキング途中に突然膝の痛みが襲って来た時には、保冷剤をあてることで応急処置が出来ます。おすす めの膝のアイシング用品はずばり保冷剤です。氷などより比較的持ち運びやすいので、お弁当と一緒に入れておけば一 石二鳥です。

スポンサードリンク

関連ページ

サポーター
医療膝サポーターランキングTOP3、バンテリン膝サポーターの特徴、ワコール膝サポーター、中山式膝サポーターの特徴、マクダビット膝サポーターの特徴、ザムスト膝サポーターの特徴、d&m膝サポーターの特徴、大きいサイズの膝サポーターを解説してます。
テーピング
簡単な膝テーピングのやり方、キネシオテーピング、半月板損傷の初期処置にテービングを行う、膝を痛めてマラソンをする場合は膝のテーピングが必要、足に負荷のかかる競技にテーピングをする、スポーツによってテーピングの仕方が異なるを解説してます。