膝の怪我の種類は大きく分けて二種類に分けられます

スポンサードリンク

膝の怪我の種類は大きく分けて二種類に分けられます

ページ内更新情報 
大野智さんの膝の怪我について
を更新しました。
膝の怪我をした時にリハビリを行う 
膝の捻挫は靭帯の傷つき具合で3段階のレベルに分けられます
関連記事 
膝の負担を軽減する6つの方法
ランニング時の膝の負担を軽減、膝の負担スクワット回数、膝の負担を減らすスニーカーとは?膝の負担軽減はダイエット体重コントロール、膝の負担が少ない運動とは?ダイエットするには膝の負担や腰の負担が少ない自転車ですを解説してます。 
膝サポーターの厳選6大メーカー
医療膝サポーターランキングTOP3、バンテリン膝サポーターの特徴、ワコール膝サポーター、中山式膝サポーターの特徴、マクダビット膝サポーターの特徴、ザムスト膝サポーターの特徴、d&m膝サポーターの特徴、大きいサイズの膝サポーターを解説してます。
膝のテーピングは痛みやスポーツによって仕方が異なります
簡単な膝テーピングのやり方、キネシオテーピング、半月板損傷の初期処置にテービングを行う、膝を痛めてマラソンをする場合は膝のテーピングが必要、足に負荷のかかる競技にテーピングをする、スポーツによってテーピングの仕方が異なるを解説してます。
膝の打撲の自己判断は危険です
膝の打撲への対応と治療期間、痛み、腫れ、内出血、しびれなどの症状、テーピングやサポーターを使用する、処置はなるべく早くしたほうが良い?膝の打撲の後遺症、自転車を走行中の打撲、スノボで膝の打撲、膝の打撲で水が溜まる?を解説してます。 


自転車で転んで膝の怪我をした
自転車での膝の怪我の画像
知人が小学生の頃自転車から転倒して膝の怪我をして、初めての大怪我で非常に痛かったそうです。症状は大量の出血で数日後傷口から膿みが出て、完治した時にはアザになっており今でもそのアザは残っているそうです。


膝の怪我をした時の処置
どの年齢にも多く起こる膝の怪我ですが、その処置の仕方は症状によって様々です。しかし、どの様な症状にも共通して言うことができる事は安静にして下手に動かさないことです。動かしてしまうと症状が悪化する可能性があるためです。処置は医師などに任せることが一番適切な処置であると言うことが出来ます。


膝の怪我の種類について
膝の怪我の種類は、大きく分けて二つに分けられます。一つは、主にスポーツや事故などで毛がをする場合です。半月板損傷や靭帯損傷、膝の関節内やその周辺の骨の骨折などがあります。もう一つは、主に加齢や日常的な膝の使用による骨の劣化や摩擦を原因とするものです。


膝の怪我が腫れる原因
膝が腫れるという症状では膝の怪我の原因しているということが多くあります。膝の怪我はほかの部位よりも長く痛みや腫れが続く場合が多く完治するのには長い時間がかかります。痛みや腫れの原因としては骨折や捻挫などが挙げられます。

捻挫とは?完治するまでの期間、膝が伸ばせない時に疑う傷病は、膝の捻挫の治療、膝の捻挫は早期処置が大切、サポーターは膝の捻挫に効果的、スキーで膝の捻挫をした時には、とにかく冷やす事、合併症として半月板の損傷が起こるを解説してます。
膝の捻挫は靭帯の傷つき具合で3段階のレベルに分けられます


常に膝の怪我と隣り合わせの橋大輔選手と羽生結弦選手
フィギュアスケートは華麗なスポーツですが、足に負担がかかって怪我の危険性が高いことは想像に難くありません。高橋大輔選手は常に膝の怪我を抱えていた印象があり、羽生選手も膝の怪我と腰痛を抱えて試合に出ていたことがあります。フィギュアの選手は常に怪我と隣り合わせで、練習を積み重ねて大怪我をしないように気をつけるしかありません。


膝の怪我の治療法とは
膝の怪我の治療法で個人でできる一番の治療とは、安静にすることと医師の指示以外に手を加えないことです。このことは、膝に無駄な負担をかけないことに繋がります。無駄な手を素人が加えると状態が悪化することがあります。


サッカーにおける怪我について
スポーツにはどうしても怪我が付きものですが、サッカーにおいて多い怪我が捻挫を始めとする足首の怪我と膝の怪我です。膝の怪我の場合、サッカーに関しては前十字靭帯損傷が多く見られる傾向があります。従って、受傷時の断裂音を訴えた場合や膝の強い腫れが見られるケースでは、まず疑うべき所見となります。


スノボは、スノーボードが足にしっかり固定されているので、膝の怪我が多いです
スノボは、スキーブーツより足首にしっかり固定されているので、転倒の際は膝の怪我が多いです。スノーボードがすぐに外れると、怪我の心配もないのですが、それだとうまく走行できないので、基本的にはしっかり固定されちゃっています。


運動をする時に膝の怪我を予防する3つの方法
運動をする時にもっとも使用する体の部位が膝です。そのため膝は傷めやすかったり、怪我をしやすい部位になります。そこで膝の怪我を予防する方法が必要になり、運動をする時に膝を使い過ぎないことです。そして休息などを入れながら膝に負担がかかり過ぎないようにします。また膝の怪我を予防する方法として、運動する前に準備運動をして筋肉をほぐすことで防げます。


膝の怪我をした時にリハビリを行う
膝の怪我をしてしまった時、最初はどうしても動かす事が困難だと思います。 しかしちゃんと動かせるようにする為にリハビリはとても大切です。 リハビリ中は思い通りに動かなく体力的にも精神的にも辛い思いをするかもしれませんが、希望をもって努力する事でまた元気な体に戻る事ができるのです。


大野智さんの膝の怪我について
タレントの大野智はデビュー当時、走り込みや練習などから膝に負担がかかってしまい膝の怪我を負ってしまいました。現在でもコンサートなどでは膝にサポーターをしていたり、ダンスなどで膝をかばう場面などが見られる事があります。

スポンサードリンク

関連ページ

ひざの痛みの治し方
ひざの痛みを感じる時はさまざまで、原因不明の突然の痛み、内側、外側の痛み、曲げると痛い、歩くと痛い、正座ができない、階段の上り下りが痛くてできないなどさまざまです。テーピング、サポーターグッズ、その痛みの治療法などについて解説していきます。
ひざの痛みの原因
膝の外側(裏外側)の痛み、原因不明の突然の膝の痛み、膝の外側、内側の痛みで正座できない、膝の外側、内側の痛みで階段の上り下りができない、登山、マラソンが原因で膝の内側外側が痛い、膝の外側、内側が腫れる、外側、内側の膝の痛みの原因を解説してます。
膝に激痛が走る7の原因
膝の激痛の原因はいくつかあります、膝に突然激痛が走るのは?膝の激痛で歩けないのは痛風の疑いがあります、寝起きの膝の激痛、痛風とはどういった病気か、膝に負荷がかかる運動のしすぎ、化膿性関節炎、関節ねずみ、関節内遊離体を解説してます。
膝の炎症を起こしやすいスポーツ
マラソン、サッカー、フットサルによる膝の炎症、膝の炎症には筋トレやストレッチも効果的、ストレッチで膝関節の柔軟性を上げる、ランナーズハイになるその感覚を得たいがために走り続ける、大腿四頭筋を中心にストレッチを行うを解説してます。
膝の炎症を解消する方法
膝の炎症はマラソンによる原因、膝の炎症を解消する方法、膝の炎症の治療法とは、痛い時に効果的なロキソニン、痛みを感じたら応急処置をして医療機関へ、地面に着地させる時の衝撃により膝に負担がかかる、シップ等で冷やすことが大事を解説してます。
膝の炎症を抑える方法
お風呂、温泉療法、お灸、曲泉というツボで慢性の膝の炎症は緩和する?膝の炎症とお酒の関係、関節液が増加し水が溜まる、痛風による膝の炎症、炎症毒を排出する、本来の歩きやすさを取り戻すこと、かえって逆効果になる?を解説してます。
膝の炎症とその他の症状
膝の痛みと腫れと炎症と内出血の原因、熱を持っている時はまず冷やす?化膿性関節炎の疑い、膝に水が溜まるために腫れてしまう、細菌が関節の中に入り込んでしまう、血管が収縮しますが冷やすのをやめると血行が良くなる?を解説してます。
膝裏、上、外、内、内部などの炎症
膝を酷使すると発症してしまう、膝の皿より上には筋肉が密集している、ランニングや水泳時のバタ足の様な膝へ過負荷、加齢や肥満、筋力の低下などにより軟骨がすり減る膝裏、膝上、外側、内側、内部の炎症とそれぞれの原因を解説してます。
膝の違和感
痛くない膝の違和感、ンニング・ジョギング時に膝の違和感を覚える、膝の違和感の痺れの原因、膝の違和感の腫れや痛み、正座をした時に膝の違和感、膝の違和感を外側に感じたら、自転車に乗ると膝の違和感がある、自分で出来る対処法を解説してます。
膝の捻挫は靭帯の傷つき具合で3段階のレベルに分けられます
捻挫とは?完治するまでの期間、膝が伸ばせない時に疑う傷病は、膝の捻挫の治療、膝の捻挫は早期処置が大切、サポーターは膝の捻挫に効果的、スキーで膝の捻挫をした時には、とにかく冷やす事、合併症として半月板の損傷が起こるを解説してます。
膝の打撲の自己判断は危険です
膝の打撲への対応と治療期間、痛み、腫れ、内出血、しびれなどの症状、テーピングやサポーターを使用する、処置はなるべく早くしたほうが良い?膝の打撲の後遺症、自転車を走行中の打撲、スノボで膝の打撲、膝の打撲で水が溜まる?を解説してます。
膝を打撲での内出血と腫れの理由とは?
膝の内側を打撲すると腫れるのはなぜ?内出血と腫れの理由が打撲とは限らない?しつこい腫れと熱が続く場合には打撲の可能性が高い!腫れの期間の一例、由は、膝周囲の関節や筋肉などの組織が損傷、より重症である可能性も、疼痛・腫脹の症状を解説。
膝の内出血
膝の内出血の痛み、膝の内出血の原因、治療法、膝に内出血の病気、強い打撲、色素性絨毛結節性滑膜炎という原因のわからない病気や血友病の症状、オーバーユース症候群によるもの、後遺症が残る?氷などでアイシングをするを解説してます。
膝の靱帯損傷には三段階のグレードがありTは軽度Uは中度Vは重度損傷です
膝の靭帯の痛み、膝の靭帯を断裂すると、膝の靭帯が伸びるという意味、膝の靭帯を痛めた場合の治療法、膝の靭帯の損傷の症状、4本ある膝の靭帯のどれが断裂したかによっても症状は違う、靱帯損傷には三段階のグレードがありますを解説してます。
膝の負担を軽減する6つの方法
ランニング時の膝の負担を軽減、膝の負担スクワット回数、膝の負担を減らすスニーカーとは?膝の負担軽減はダイエット体重コントロール、膝の負担が少ない運動とは?ダイエットするには膝の負担や腰の負担が少ない自転車ですを解説してます。
ランニングで起こりうる主な膝の6つの病気
ランニングをした後、膝が痛いと感じたら故障?ランニングによる外側、内側の膝の痛み、ランニングで痛めた膝の治療、走るフォームの見直しが必要、膝の皿の痛み、ランニングの注意点、膝をサポートするサポーター、ランニングのテーピングを解説してます。
膝の周りの筋肉を強化する5の方法
膝の周りの筋肉を強化をする2つの方法、膝の痛みを抑える方法、膝の筋肉の炎症を和らげる方法、ランニング初心者に起こる膝の筋肉の痙攣、プールなどでも歩くだけで、膝の筋肉が強化される?アイシングで患部を冷やすのが効果的?を解説してます。
膝が曲がらない4の原因
膝が曲がらない原因、膝のリハビリはまず使うことから、スノーボードの上達の秘訣は膝を曲げること、膝が曲がらない変形性膝関節症、マラソンなどで繰り返しかかる強い負荷で関節の表面がザラザラ、加齢とともに膝の関節に長年の負担を解説してます。
膝の脱臼の応急処置の方法と予防対策
膝が脱臼した際の症状と治療法、膝の脱臼は意外と重症、激しい痛み、膝が曲がらない症状、膝の脱臼で手術が必要な時は、膝の脱臼の手術後には入念なリハビリが必要?完璧な膝の脱臼のテーピングを目指す方法、膝の脱臼の予防方法はを解説してます。
膝の骨折には膝蓋骨骨折や膝関節内骨折などがあります
膝を骨折したら何科?症状や痛み、ボルト固定する手術、治療、費用、保険適用される?レントゲン検査、骨折の種類、入院期間、完治、リハビリ、リハビリ期間の一例、膝蓋骨骨折、膝関節内骨折、ギブスやサポーターで患部を固定を解説してます。
膝の骨が痛い様々な原因
膝の骨が痛い理由と骨肉腫、膝の骨が鳴る原因、膝の内側の骨の重要性、膝の骨の出っ張りの原因、膝の骨の変形の原因とは、小中学生などの成長期に起こる膝の骨の出っ張りの原因は成長痛?骨や軟骨を鍛える方法、プリメントで補うのも良い?を解説してます。
足や膝を骨折したプロサッカー選手
内田篤人選手の膝の故障、足を骨折したFC東京の平山選手、ドルトムントのオーバメヤン選手、足の指を剥離骨折、フランクフルトのMFヨハネス・フルム選手が左ひざの膝蓋骨を陥没骨折、チェルシー所属のGKティボー・クルトワ選手が剥離骨折手術を解説してます。
膝を骨折した有名人
大仁田厚さんが左ヒザの膝蓋骨粉砕骨折、NBAのカイリー・アービング、コービー・ブライアントのひざの骨折、ヤクルト上田剛史外野手が右足小指剥離骨折、バスター・ポージーも試合中のプレーが原因で左足腓骨骨折、出場が危ぶまれたを解説してます。
成長痛の膝
成長痛は膝に負担、3歳前後の成長痛の膝の症状、膝の成長痛は4歳くらいの成長期の子供が抱える症状、5歳児にある成長痛の膝の症状、20歳の成長痛の膝の症状とは、成長痛は主に下半身に痛みを訴えやすい傾向が、自律神経からくる成長痛の傷みを解説してます。
膝皿の割れる、ずれるのは膝蓋大腿関節症、膝蓋軟骨軟化症の可能性があります
年を重ねると膝皿痛が発生する、膝皿の骨折は手術が必要な場合も、膝を強打したら骨折の疑い?、膝皿の下の痛み、膝皿のはずれる動く症状、膝皿骨折とリハビリ、膝皿を打撲した時の対処法、膝皿の辺りのテーピングやストレッチが有効を解説してます。
膝のしこりがある場合は良性軟部腫瘍が疑われます
膝にできる動くしこりについて、膝のしこりが熱を帯びている、痛くないけど気になる膝のしこり、膝の横のしこりが気になる、ガングリオンという病気の可能性がある?しこりにも様々な種類がある、MRIなどの精密検査、良性軟部腫瘍が疑われますを解説してます。
膝の腫瘍は良性腫瘍と「肉腫」と呼ばれる悪性腫瘍という2種類があります
膝にできる良性骨腫瘍と悪性骨腫瘍、膝の腫瘍ができた時の症状、膝の痛みの原因と腫瘍との関係、膝の痛みで気になる病気の一つ「骨肉腫」、膝の腫瘍には早期の手術が必要、骨肉腫と判断するには腫瘍の一部を採取して病理検査するを解説してます。
膝の腫れの16の原因
膝の腫れ・熱が出てきたら、膝の腫れの原因、靭帯損傷による日常生活の不便さ、膝の腫れの治療法で効果的なのは?、膝を酷使して関節が炎症を起こしている?加齢により、膝の半月板や関節軟骨が減少する、軽い運動でも膝を痛める可能性が高い?を解説してます。
膝の骨肉腫
膝の骨肉腫とは?病院の何科を受診?痛みや腫れを伴う症状と初期症状、診断には画像撮影の検査、原因は現在のところ不明?、抗がん剤を投与する治療方法、膝下を切断する?骨の中にできる悪性の腫瘍、膝の骨肉腫は全体の何%を占める?を解説してます。
膝軟骨の再生医療が保険適用できる?
膝の軟骨がすり減る変形性膝関節症、膝の軟骨損傷による痛み、膝の軟骨の治療法、子供の膝の軟骨が出る原因と予防法、膝の軟骨を増やすのは難しい、膝の軟骨の磨り減りに注意、とりの膝の軟骨のレシピ、膝の軟骨を再生するを解説してます。
右膝が痛い
関節炎になったときの症状、スポーツ時には右膝前十字靭帯損傷に要注意、膝の痛みや違和感の原因、ダウンスイング中、ゴルフスイングで右膝が痛い場合、右膝内障の治療、右膝裏の痛みの原因、右膝内側が痛いの原因、右膝外側の痛みの原因はを解説してます。
左膝が痛い
左膝の痛みと前十字靭帯損傷の症状について、左膝の裏が痛い原因、左膝の内側の痛みの原因、左膝の外側が痛い原因、左膝の違和感、だるい、左膝が流れる要因、ゴルフフォームと左膝の動き、左膝骨折についてなどの左膝が痛い主な8つの原因を解説してます。
両膝が痛い
左膝の痛みと前十字靭帯損傷の症状について、左膝の裏が痛い原因、左膝の内側の痛みの原因、左膝の外側が痛い原因、左膝の違和感、だるい、左膝が流れる要因、ゴルフフォームと左膝の動き、左膝骨折についてなどの左膝が痛い主な7つの原因を解説してます。
MRI検査
膝のMRIの費用、病名は膝の早期発見にMRI、膝のMRI検査には後日に結果がわかります、膝の痛みは整形外科、レントゲンよりもより精密な検査ができます、健康保険3割負担、検査の時に膝を屈曲させて撮影します、1万円以内におさまる?を解説してます。