pcl損傷とは後十字靭帯という膝関節中の靭帯を損傷することです

スポンサードリンク

pcl損傷とは後十字靭帯という膝関節中の靭帯を損傷することです

 

pcl損傷とその症状について
pcl損傷とは後十字靭帯損傷のことで、スポーツ選手が発症する例もよくありますが、一般人でも転倒などで膝を強打して発症することは珍しくありません。pcl損傷の症状としては、膝に腫れや痛みを感じたり、膝を動かせる領域が狭くなったりします。

 

 

pcl損傷のテストはpclを怪我した時に受ける検査方法の1つ
膝には前後十字靭帯という靭帯がありますが、後十字靭帯をpclと表します。 このアルファベット3文字は、正式に英語で表した時の略語です。 pclを怪我するとpclだけでなく、膝にある他の靭帯も一緒に怪我する事が多いです。 なので怪我をするといくつもの検査を受ける必要がありますが、その内の1つがpcl損傷のテストです。

 

 

pcl損傷のリハビリについて
pcl損傷とは、後十字靭帯という膝関節中の靭帯を損傷することです。pcl損傷のリハビリは手術前と手術後があります。手術前は主に膝関節の可動や筋力を増やす関係のリハビリを行います。手術後も同様ですが、松葉杖状態であり徐々に負荷を増やしながら行われます。

 

 

pcl損傷の装具について
pcl損傷の装具ですが、専用のサポーターがあります。 PCL用としては支柱付きなのが特徴で、太ももの前後についたバンドやベルトによって膝の動揺を防止するのが目的となっています。 サイズが合っている事が最も重要です。

 

 

pcl損傷の治療について
後十字靭帯損傷を意味するpcl損傷は、膝の後ろ側にある靭帯が接触や転倒などの理由によって損傷したものです。pcl損傷の治療については、軽い程度のものであればそのまま様子を見ることもありますが、重度のケースになると手術を行います。

 

スポンサードリンク