膝とその他の部位の音の関係とは?

膝の音は腰のバランスと関係していた

 

膝の音は腰のバランスと関係していた
腰と膝の音の関係は、遠いようで実は深い関係にあります。膝を急に曲げ伸ばしすると関節の内圧が変化し、関節内にある液体に気泡が入ります。それが弾ける事により膝から音が鳴ります。主に、姿勢が崩れるなどして、体のバランスが崩れ、腰や足などが関節に負担をかけるために起こります。

 

 

膝や足首の関節の音について
膝や足首の関節の音の関係は、関節がゆるく、関節の動きが過剰になると、それぞれの関節包というふくろの中に空気がたまり、関節を動かすとその空気が破裂し、「パキッ」っと音がなります。痛みがなければ特に問題はありません。

 

 

肘・膝関節から出るポキッという音!これは何?
肘や膝を曲げた拍子に、関節からボキッと音がしたことはありませんか?この肘や膝の音の関係はどこにあるのでしょう?関節には、潤滑に動くように液体が入っています。屈伸すると関節に圧力がかかり、液体の中に気泡が生じます。その気泡が破裂する時に出るのが、この音なのです。

 

 

膝や股関節の音が鳴るなら要注意!
膝や股関節の音の関係は密接です。もしも音が発生したなら注意が必要です。なぜなら、膝や股関節の骨がずれたり、ゆがみが生じたりして音が発生するからです。気温の低下など、天候の変化によって発生することもあります。

 

 

膝や腱の音の関係
屈伸運動をしたときに、膝からぽきっと音がしたことはありませんか。実は膝や腱の音の関係は、膝関節の緩みが原因かもしれません。音の正体は間接の間にある関節液中の気泡が間接から出ていく時の音です。出口があるということは、間接が締まってないということです。

 

 

膝がパキッとなる理由について
膝の音の種類の中でパキっとなる音について、可能性としては、関節の袋である関節包の中に空気が溜まり、その破裂音であることがあります。その他、痛みを伴う場合は、大腿骨と脛骨が擦れ合うことで、なります。痛みの理由としては、半月板や軟骨が損傷している事があります。
半月板損傷-関連記事

 

 

膝のシャリシャリなる音について
この音でシャリシャリとなる場合があります。このシャリシャリの理由は、膝の関節を形成する、太ももの骨の大腿骨とすねの骨の脛骨のそれぞれの関節面が滑らかさを失い、ざらついていたりするとそのようになります。

 

スポンサードリンク

関連ページ

膝の関節から音が鳴る
膝の関節から音がするは危険のサイン、膝を曲げると鳴る音とは?膝を曲げた時に鳴る音と痛い理由、膝の音がするのは半月板が関係?スクワットをする時に膝の音が聞こえる、階段を下りる時の膝の音の原因とは、膝の音から病気を探しますを解説してます。
膝を曲げると音がする原因
膝の屈伸運動で聞こえる音と痛み、曲げると音がするのに痛くない、膝を曲げ伸ばしする際の音と痛み、膝関節を曲げると音がするのは危険?スクワットをして膝を曲げるときにぼきぼきっという音がする、変形性膝関節症の可能性もを解説してます。
膝の音が鳴るスポーツとは
子供がバレエのレッスン中に膝の音が鳴る場合、跳躍を伴うバドミントンにより膝を痛める、膝の病気とランニング、ジョギングをしていると膝で音がする、自転車を漕いでいる時に膝から音がする、気泡の破裂音が原因?音と同時に痛みがある?を解説してます。
膝の音が鳴る5の理由
歩くと膝の音が鳴る理由、中高年に多い膝の音がする原因、打撲の場合、炎症をおこすタナ障害、膝に激痛がある場合、骨のこすれたとき、変形性膝関節症が挙げられます、屈伸運動の時に音が鳴ったりします、膝半月板損傷が考えられますを解説してます。