赤ちゃんのO脚は両ひざの間に5pも隙間があると特に注意が必要です

スポンサードリンク

赤ちゃんのO脚は両ひざの間に5pも隙間があると特に注意が必要です

 

赤ちゃんのO脚の病気である「くる病」について
赤ちゃんのO脚の病気である「くる病」について、ご紹介します。くる病とは、骨軟化症とも呼ばれるもので、成長期、特に赤ちゃんの頃に骨のカルシウムが不足して、膝の骨が曲がったりして、放置しておくと重度のO脚や、低身長などの原因となる病気のことです。

 

 

赤ちゃんのO脚の原因となる親心
赤ちゃんの膝はO脚であり、5歳前後になると自然に治っていきます。 しかし赤ちゃんのO脚の原因として、親が早く歩かせようとして脚の内側に無理な負荷がかかり、そのまま固まってしまいます。 いわば親心になりますが、無理に早く歩かせずに自然に任せることが必要になります。

 

 

赤ちゃんのO脚はいつまで
赤ちゃんのO脚が気になるという家族の方が多いですが、心配はないといわれています。基本的に赤ちゃんの関節は柔らかく、ひざから下が、内側に向いているように見えます。いつまでもこのようなかたちであることはなく、成長に伴って変化を見せます。

 

 

赤ちゃんのO脚はビタミンDがポイント
赤ちゃんや2歳以下の乳幼児のO脚は整形外科へ受診されることが望ましいです。特に両ひざの間に5センチも隙間がある場合は特に注意が必要です。赤ちゃんのO脚はビタミンDを投与することで改善されるとされています。

 

 

赤ちゃんのO脚の予防法
赤ちゃんのO脚の予防法について、疑問に思う声がよくきかれます。赤ちゃんのO脚の予防法は、自由な足を使った運動であるということができます。もうひとつは早く歩かせようとしないことです。一般的に、赤ちゃんの関節は柔らかく、ひざから下は内側に曲がっているように見えます。

 

スポンサードリンク

関連ページ

オスグッド病
オスグッド病とは?病院の何科?接骨院、症状、成長期に急激に骨が伸びる原因、手術治療、後遺症はのこる?、再発を防止する、ストレッチ、ザムストのオスグットサポーター、テーピング、どんな人がなりやすい?なりやすい年齢を解説してます。
ブラウント病
ブラウンと病とは?膝の内側の成長障害などの症状、立ち上がり独歩行を生後6ヶ月など早期から行うなどの原因、検査、治療方法、ブラウント病の軽度と重度の違いは?初期では装具療法も可能?定期的な経過観察、生理的O脚と見分けがつきにくいを解説してます。
正しいo脚の歩き方
o脚の歩き方は見た目が変?o脚の歩き方ででる特徴、o脚の矯正の仕方、o脚の歩き方と重心、正しいo脚の歩き方、バランス良く重心がくるように着地して歩くことがコツ、猫背だったりお尻を突き出している、膝を痛めたりということがあるを解説してます。
O脚になる9つの原因
O脚の原因の立つ姿勢が悪い、歩き方が悪い、座り方にくせがある、寝る姿勢が悪い、病気、外傷、靴選びで自分の足にあってない靴を選んでいる、不規則な生活をしてる、O脚グッズを上手く利用できていないなどの9つの理由について解説してます。
O脚の治し方(改善)
O脚の治し方のO脚とは?正しい姿勢、自己流の歩き方、座り方のくせを治す、寝る姿勢を治す、病気を治す、外傷を治す、自分にあった靴選び、不規則な生活を規則正しい生活習慣に治す、O脚グッズを上手く利用するなどのの改善する9つの方法を解説してます。
o脚と身長
o脚と身長の関係とはいったい、o脚で身長が縮むという状態、o脚を治すことで身長がどれくらい伸びるのか、o脚は身長が伸びないのは本当?内転筋が衰えると膝が外側を向いてo脚に、下半身ダイエットの方法でo脚の改善、膝に電話帳を挟む?を解説してます。
o脚の矯正と身長
o脚の矯正と身長の密接な関係、o脚と身長が伸びる関係とは、o脚と身長の関係を上手に利用して最大3センチ足を長くしよう、骨盤矯正を行ってo脚を治す、生活習慣つまり姿勢の悪さや歩き方の癖、外向きに曲がっているを解説してます。
o脚で身長が伸びるのは嘘?
o脚と身長の関係、o脚を直せば身長が2cm戻る、o脚を改善して身長を3cm戻す方法とは、日本人の何%がo脚と言われている?女性のo脚と身長、o脚や猫背が改善して元の身長に戻った、健康改善や美脚効果、矯正で身長が伸びたように見える?を解説してます。
膝下O脚は女性の悩み
膝下O脚とは?どの科でどういった病院に行けばいい?原因、症状、治療方法、費用、保険、ゴムバンドを使って膝下O脚を治す方法、入院期間、ストレッチ、どんな人がなりやすい?足首の骨がねじれたり、ゆがみを改善する方法について解説してます。
o脚の男性と女性の違い
男性のo脚の特徴、男性はo脚を矯正すると身長が伸びる?o脚の男性と女性の違い、脚を矯正して身長を戻すベルトの使い方とは、歩き方や、姿勢なども原因、男性のほうが筋肉が強い、筋力の低下で脚がまっすぐではない、両膝が付かない状態を解説してます。