関節水腫とは関節の内部が炎症して滑液量が異常に分泌され起こります

関節水腫とは関節の内部が炎症して滑液量が異常に分泌され起こります

 

関節水腫とはどんな病気?
皆さん日常生活の中で膝の痛み、違和感やだるさを感じたことはあるでしょうか。 もしかしたら、それは関節水腫かもしれません。 関節水腫とは膝に水が溜まる病気です。 原因は、加齢に伴う骨の劣化や、変形、運動中の怪我や事故による骨折や傷などが原因です。 もしも膝に違和感を感じたら関節水腫を意味しているかもしれませんね。

 

 

病院の何科に通えばいいのか、関節水腫という病気
あまり聞き慣れない「関節水腫」という病名ですが、膝に水が溜まる病気と言ったらわかる方も多いと思います。膝に溜まった水を抜く治療を病院の何科に通えばよいのか、迷うこともあります。外科や鍼治療など思い浮かびますが、まずは整形外科を受診するのがおすすめです。

 

 

関節水腫になると痛みが生じます
関節水腫とは、関節内に水がたまった状態のことです。関節の内部が炎症を起こして、滑液の量が異常に分泌されることによって起こります。 膝の関節に水がたまると、膝がはれ、激しい痛みで歩くことも難しい状態になることがあります。

 

 

膝の関節水腫になる原因
関節水腫と見られる症状として、膝の激痛の痛みや水がたまっているような状態です。原因として炎症などがあると関節液が増えてしまい症状がでます。投薬治療のほか、膝の血行をよくすることで改善する場合があり、手術の方法もあります。

 

 

膝が痛い時は関節水腫を診断
歳を取ってくると膝が痛いということが出てくると思われます。 そういった時は関節水腫の可能性が出てくるのです。 これは膝に水が貯まるという状態で放置しておくといろんな悪いことが起こる悪循環となる可能性もあるため、早めの診断が大切です。

 

スポンサードリンク

関連ページ

膝に水がたまる原因
水がたまる症状、なぜひざに水が溜まる?膝に水がたまる原因、膝の水の正式名は?病院に行かなくてもいい?できない動作、何科を受診すればいい?水をぬいた方がいい、ぬかない方がいい?保険きく?冷やす、温めた方がいい?痛いのはなぜについて解説してます。
膝の水を放置
膝に水がたまるのを放置しておくとどうなるか、膝の水が溜まった時の自然治癒、膝の水を自分で治す方法、関節の袋や軟骨に悪影響、水が少量ですと放置してもいい?膝の筋肉を鍛えたり大腿筋を鍛えて柔らかくする、リウマチなどの関節の病気を解説してます。
膝の水を抜く方法
膝に水がたまると痛い症状、膝の水を抜く方法、膝の水を抜く場所とは、膝の水を抜く頻度、膝の水を抜く量とはどのくらい?座った時に激痛が走る、関節水腫の治療、薬物療法のステロイド薬の注射、酷くなると単に歩くだけでも痛いを解説してます。
膝に水がたまるスポーツ
膝に水がたまるスポーツ、サッカー、バスケ、バレーボール、マラソンで膝に水がたまる理由、関節水腫、膝への負担の蓄積、軟骨や骨がすり減る、関節内の潤滑油である関節液が異常に増える、ジャンプのし過ぎ、着地の衝撃を受けきれなかった、を解説してます。