膝に水がたまる原因と症状(疑問解決)

スポンサードリンク

膝に水がたまる原因と症状(疑問解決)

 

 ページ内更新情報
膝に水がたまる11の原因

を更新しました。

 関連ページ
膝に水がたまる4のスポーツ

 


 

「ひざに水がたまる」これはなんという症状名?

 

水がたまる症状は「水腫」 といいます。

 

 

 

 

なぜひざに水が溜まる?
関節の周りには関節包という袋があり、

 

その中に滑液という液体があります。

 

関節が何らかの原因で炎症を起こすと、その炎症を冷やすため、

 

炎症物質を洗い流すために

 

滑液が多く分泌されます。

 

滑液が関節包の中でたくさんになるので、

 

外見は腫れているように見えます。

 

これが水が溜まるという状態。

 

 

 

膝に水がたまる11の原因

 

変形性膝関節症、外傷性膝関節炎(膝の打撲)、

 

慢性関節リウマチ、ガングリオン、ガン、ベーカー嚢腫、

 

脱臼、肥満、ストレス、血流障害、関節の使いすぎなどです。

 

変形性膝関節症 の原因と症状と予防対策

 

 

半月板損傷は膝の曲げ伸ばしがしにくくなり激痛が走るようになります

 

 

前十字靭帯断裂、損傷の症状

 

 

膝の打撲の自己判断は危険です

 

 

膝に水が溜まって困る女性の画像

 

若い女性におこりやすい「ガングリオン」

 

膝に水がたまる原因は、ストレスや血流障害、

 

関節の使いすぎ、過去の怪我などがあります。

 

これらの原因で特に若い女性におこりやすいのが「ガングリオン」です。

 

ガングリオンの場合、自然に治ることが多いので特に治療は必要ありません。

 

 

 

 

膝の発生頻度が低いとはいえガン

 

膝に水がたまる原因はストレスや関節の使いすぎ、

 

過去の怪我、血流障害、加齢などが主な原因ですが、

 

希にがんが原因で膝に水が貯まる場合があります。

 

発生頻度が低いとはいえガンは適切な治療が必要ですので、

 

膝に痛みが出たら早めの治療が必要です。

 

 

 

 

ベーカー嚢腫が原因

 

膝に水がたまる原因としては様々なものが考えられます。

 

その中の一つにベーカー嚢腫があります。

 

ベーカー嚢腫瘍とは、膝の関節包の延長部に関節液で

 

満たされた小さな袋が出来てしまうというものです。

 

この袋から漏れ出した関節液が、

 

周辺の組織に影響を与えて炎症を引き起こす恐れ等があります。

 

 

 

 

膝に水がたまる原因と脱臼との関係

 

膝に水がたまる原因のひとつとして脱臼があります。

 

脱臼を起こす要因は様々ですが、

 

その中のひとつに、スポーツなどをしている時に

 

膝のお皿のような部分が炎症したり、

 

筋肉のバランスが崩れることが挙げられます。

 

そのため脱臼をすることで、膝に水が溜まる原因となります。

 

 

 

 

肥満との関係

 

膝に水がたまる原因は、膝に負担がかかることによって起こります。

 

膝には、もともと潤滑液として水が溜まっていますが、

 

膝の炎症などでこのバランスが崩れます。

 

その原因のひとつとして肥満が挙げられます。

 

肥満は膝に負担をかけるため、

 

膝に水がたまる原因となります。

 

関節内の炎症

 

細菌感染

 

変形性膝関節症とは?症状、原因、治療方法の薬物療法、理学療法、運動療法、予防対策、変形性膝関節症は手術以外で治せる?どのような人がなりやすい?診断にはどのような検査をする?整形外科でリハビリの保険期間は?などについて解説してます。

 

変形性膝関節症 の原因と症状と予防対策

 

 

 

 

膝の水の正式名は?

 

関節液

 

 

 

 

膝に溜まった水は病院に行かなくても抜くことはできる?

 

病院に行かないと水は抜けません。

 

原因を検査で突き止めるためにも病院を受診することが大切です。

 

 

 

 

膝に水がたまる症状

 

お皿の上あたりがぷっくり膨れてくる

 

加重するだけでかなりの痛みを感じる

 

脚、重くなります

 

ひざが熱っぽい

 

水がたまりすぎるとふくらはぎにも流れる

 

ずっと続くとびっくりするくらい脚がむくむ

 

 

 

 

膝に水がたまるとできない動作

 

膝を深く曲げることも伸ばしきることも出来ない

 

ひざが伸ばしにくくなり歩きにくくなる

 

正座ができない

 

階段が上がりにくい

 

 

 

 

膝に水がたまった時、何科を受診すればいい?

 

整形外科
膝に水が溜まって注射で抜く画像

 

 

 

 

膝に水がたまった時、ぬいた方がいい、ぬかない方がいい?

 

主治医の先生の判断でぬく方がいいのか

 

ぬかない方がいいのか決まります。

 

水が少量であれば、薬等で体内に吸収が可能ですが、

 

多量ですとぬいたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

 

膝の水をぬくのは、保険きく?

 

膝の水(関節液)を抜くのは保険適用です。

 

 

 

 

膝に水がたまると冷やす、温めた方がいい?

 

お風呂で温まると痛みが楽になるようなら温める方が良いです。

 

お風呂に入った後、その前より痛くなるようなら

 

温めないで冷やした方が良いです。

 

 

 

 

水がたまると痛いのはなぜ

 

主治医の先生の判断でぬく方がいいのか

 

ぬかない方がいいのか決まります。

 

水が少量であれば、薬等で体内に吸収が可能ですが、

 

多量ですとぬいたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

ひざにたまる水(関節液)の色は?

 

健康な膝の関節液は約3ml。

 

ところが、関節に炎症が起こると、その関節液が増え、

 

いわゆる「水がたまる」状態となります。

 

関節液の量が多くなると、関節を覆っている

 

関節包が引き伸ばされて痛くなります。

 

 

 

 

ひざにたまった水を長期間放置していると、どうなる?

 

細菌感染を起こす可能性があり、放置すると細菌が繁殖してしまう。

 

水が溜まったまま放置しておくと、ひざの動きが悪くなってしまう。

 

関節の軟骨に悪影響を及ぼし、

 

変形性関節症になる比率が高くなる。

 

膝の軟骨がすり減る変形性膝関節症、膝の軟骨損傷による痛み、膝の軟骨の治療法、子供の膝の軟骨が出る原因と予防法、膝の軟骨を増やすのは難しい、膝の軟骨の磨り減りに注意、とりの膝の軟骨のレシピ、膝の軟骨を再生するを解説してます。

 

膝軟骨の再生医療が保険適用できる?

 

 

 

 

膝にたまった水を抜く方法

 

水を抜くのは、レントゲン検査後、太い注射器で抜きます。

 

 

 

 

膝にたまった水を抜くとどうなる?

 

水を抜くと痛みはずっと少なくなります。

 

腫れにより関節そのものが動き難いようになっていた為に、

 

余計痛みを感じていましたが、

 

水を抜くことにより、動かしやすくなり、痛みも軽減されます。

 

しかし、水が溜まったもともとの原因は直っていませんので、

 

再び水が溜まることが多いです。

 

 

 

 

膝にたまった水を抜くと、そのあと膝の痛みは?

 

膝の状態と個人差があると思います。

 

多少は痛んでも、消炎・鎮痛剤を服用し、対処しますから

 

抜かないよりは痛くないはずです。

 

後は安静に過ごす事ですかね。

 

正坐、重たい物を持つ、必要以外に曲げる、スポーツは控える。

 

処置後に痛み止めを飲んでも、改善しない時は再診して下さい。

 

また、処置後は感染に気をつけましょう。

 

 

 

 

膝に水や血液が溜まる病気

 

半月板損傷は、関節水腫を伴う病気・障害のうち、

 

膝関節部が腫れて膨らみ、膝に水(または血液)が溜まる・

 

膝がひっかかたような痛みを感じるといった症状があります。

 

スポーツや事故による膝への負担の蓄積が主な原因です。

 

若い人に比較的多い病気です。

 

 

 

 

膝の水と痛風の説明文

 

痛風とは、尿酸と言う老廃物の一種が増加して

 

関節や腎臓に炎症がおき、結果痛みが発生する、生活習慣病の一つです。

 

痛風の症状の特徴としては、膝に水が溜まったり、

 

赤く腫れ熱を持つ事があります。

 

一番多い症状としては、

 

足の親指のつけ根の関節に激痛がおこり、

 

歩けないほどの激しい痛みを伴います。

 

 

 

 

膝に水がたまる手術方法について

 

関節内の潤滑物質が異常に増えてしまった場合、

 

膝が膨らみ痛みを伴います。

 

これが所謂「膝に水がたまる」状態です。

 

症状の解消に伴い、以下2種類の手術方法があります。

 

・水を抜く
・ヒアルロン酸等の注入

 

これらは一過性の対応であり、水が溜まる原因を解消しなければ

 

再発する可能性が高いため、根本的な治療が必要です。

スポンサードリンク

関連ページ

膝の水を放置
膝に水がたまるのを放置しておくとどうなるか、膝の水が溜まった時の自然治癒、膝の水を自分で治す方法、関節の袋や軟骨に悪影響、水が少量ですと放置してもいい?膝の筋肉を鍛えたり大腿筋を鍛えて柔らかくする、リウマチなどの関節の病気を解説してます。
膝の水を抜く方法
膝に水がたまると痛い症状、膝の水を抜く方法、膝の水を抜く場所とは、膝の水を抜く頻度、膝の水を抜く量とはどのくらい?座った時に激痛が走る、関節水腫の治療、薬物療法のステロイド薬の注射、酷くなると単に歩くだけでも痛いを解説してます。
膝に水がたまるスポーツ
膝に水がたまるスポーツ、サッカー、バスケ、バレーボール、マラソンで膝に水がたまる理由、関節水腫、膝への負担の蓄積、軟骨や骨がすり減る、関節内の潤滑油である関節液が異常に増える、ジャンプのし過ぎ、着地の衝撃を受けきれなかった、を解説してます。
関節水腫
関節水腫とはどんな病気?関節水腫は病院の何科?痛み、加齢に伴う骨の劣化や、変形、運動中の怪我や事故による骨折や傷などが原因、関節水腫を診断、関節の内部が炎症を起こして滑液の量が異常に分泌される、膝の血行をよくすれば改善する?を解説してます。