膝に水がたまるのを放置して自然治癒する?

スポンサードリンク

膝に水がたまるのを放置して自然治癒する?

 

膝の水を放置しておいた場合
膝の関節が炎症を起こしたときに、炎症を抑えようとして、過剰に滑液が分泌された結果、腫れあがってしまう現象を「膝に水がたまる」といいます。この膝の水を放置すると、痛みが続いたり、関節の袋や軟骨に悪影響を及ぼします。早めに整形外科を受診し、必要であれば水を抜いてもらう処置をしてもらいましょう。

 

 

膝に水がたまるのを放置しておくとどうなるか
時々、「膝に水がたまった場合、くせになるので抜かない方が良い。」ということを耳にしますが、これは正しくありません。膝に水がたまるのを放置すると、痛みが続いたり、関節などに悪影響が出ることもあります。ただちに整形外科を受診し、医師の指示に従うようにしましょう。なお、このとき、水が少量ですと、放置しておいてもよいという診断が出る場合もあります。

 

 

膝の水が溜まった時の自然治癒
膝の水がたまった時は、病院に行かず自然治癒する方法としてアイシングやシップなどがありますが、それ以前に、水がたまらないように普段から膝の筋肉を鍛えたり、大腿筋を鍛えて柔らかくすることが膝に水がたまらないことにつながります。

 

 

膝の水を自分で治す方法
膝に水がたまっているのは、膝に炎症があるためです。膝に水がたまると足が曲げにくくなり、痛くなって熱を持ったりします。膝に水がたまるのはリンパの流れが悪くなっているためです。そのため膝の水を自分で治す方法としては太もものマッサージが効果的です。

 

 

膝の水を放っておくとどうなるのでしょう
ひざが炎症を起こすと水がたまり 足が曲げにくくなったり、痛みを伴うことがあります。膝の水を放っておくと炎症が悪化し痛みなどの症状がひどくなり、リウマチなどの関節の病気を引き起こす可能性がありますので、早めに整形外科の診察を受けて炎症を抑える処置をしてもらいましょう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

膝に水がたまる原因
水がたまる症状、なぜひざに水が溜まる?膝に水がたまる原因、膝の水の正式名は?病院に行かなくてもいい?できない動作、何科を受診すればいい?水をぬいた方がいい、ぬかない方がいい?保険きく?冷やす、温めた方がいい?痛いのはなぜについて解説してます。
膝の水を抜く方法
膝に水がたまると痛い症状、膝の水を抜く方法、膝の水を抜く場所とは、膝の水を抜く頻度、膝の水を抜く量とはどのくらい?座った時に激痛が走る、関節水腫の治療、薬物療法のステロイド薬の注射、酷くなると単に歩くだけでも痛いを解説してます。
膝に水がたまるスポーツ
膝に水がたまるスポーツ、サッカー、バスケ、バレーボール、マラソンで膝に水がたまる理由、関節水腫、膝への負担の蓄積、軟骨や骨がすり減る、関節内の潤滑油である関節液が異常に増える、ジャンプのし過ぎ、着地の衝撃を受けきれなかった、を解説してます。
関節水腫
関節水腫とはどんな病気?関節水腫は病院の何科?痛み、加齢に伴う骨の劣化や、変形、運動中の怪我や事故による骨折や傷などが原因、関節水腫を診断、関節の内部が炎症を起こして滑液の量が異常に分泌される、膝の血行をよくすれば改善する?を解説してます。