後十字靭帯損傷と断裂の違いは?

スポンサードリンク

後十字靭帯損傷と断裂の違いは?

ページ内更新情報 
左膝後十字靭帯損傷について
を更新しました。 

関連記事 
前十字靭帯断裂、損傷の症状
4つの膝の靭帯、原因、症状、ACLとは?痛みは?手術以外で治る?自然治癒する?手術しないでスポーツ復帰できる?スポーツ専門医、名医(膝の権威のある医者)、どこの病院がいい?前十字靭帯断裂しやすいプロスポーツは?リハビリについて解説してます。 
前十字靭帯断裂、損傷したスポーツ選手と芸能人
プロ選手、芸能人の前十字靭帯断裂、損傷した、J1のプロサッカー、プロ野球、相撲力士、NBAのプロバスケットボール、NFL アメリカンフットボール、スキー、ボクシングなどの選手、前十字靭帯断裂、損傷しやすいプロスポーツは?について解説してます。 

後十字靭帯が損傷した際の病院受診について知ろう
後十字靭帯(PCL)とは?と疑問を持つ人もいますが、これは膝関節の中にある靭帯で、大腿骨と脛骨を繋いでいるものを指します。この靭帯が損傷してしまった場合、何科の病院に通ったらいいのかわからない人もいますが、整形外科やスポーツ整形の所を受診するのがいいです。

後4つの膝の靭帯
前十字靱帯(ACL)
後十字靱帯(PCL)
内側側副靭帯(MCL)
外側側副靭帯(LCL)


PCLとは?
「十字靱帯」の略語で、
posterior cruciate ligamentの頭文字を取っています。


靭帯損傷と靭帯断裂の違いや予後について

後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂は、何れも膝に不可抗力によって強い力が掛かった際に起こる場合があります。両者の違いとしては、損傷であれば時間経過による自然治癒が見込めるのに対し、断裂の場合は是が見込めない事が挙げられます。
但し断裂に至った場合においても、膝周りの筋肉トレーニングで靭帯の機能を補う事で日常生活は支障なく送れるようになるケースが殆どです。


後十字靭帯損傷・断裂の症状
後十字靭帯損傷の症状としては、引き出し症状や回旋不安定性などが見られることがありますが、後十字靭帯断裂の症状としては異なる症状が現れる事が多いようです。そのため、正確な診断をするためには、複合的なテスト・検査をする必要があります。


膝の後十字靭帯損傷の原因
膝の後十字靭帯損傷は、スポーツで強い衝撃で人と膝がぶつかったり、転倒し硬いコンクリートに脛をぶつける、等が原因で起こります。 
膝のお皿周辺の痛みが改善しない場合は、後十字靭帯断裂を起こしている可能性があるのです。


後十字靭帯損傷の膝は検査テストをする必要があります
後十字靭帯損傷は、スポーツなどで膝を痛めた為に痛さが激しくなる症状があります。
その検査テストを行う事で、その治療や症状を改善させる為に処置を行うことが出来ます。
骨折をしていないために見逃されるのですが、整形外科を受診して診断してもらうことが必要です。


後十字靭帯損傷の治療方法について知ろう
後十字靭帯損傷とは靭帯が少し傷んだ程度のものをいい、一時的に痛みを伴うものがほとんどです。
しかし、後十字靭帯断裂とは靭帯が完全に切れてしまう事をいい、膝の治療方法としては手術や保存療法などが必要になります。


後十字靭帯損傷の治療にかかる期間を知ろう
軽症の場合には自然修復で治りますが、重症の場合には手術が必要になります。
後十字靭帯損傷や後十字靭帯断裂における手術を行った場合、ひざのの治療期間の一例を挙げるのであれば、リハビリにかかる期間は2〜3ヶ月ほどのリハビリが行われます。スポーツ復帰する場合には6ヶ月かかると言われています。
また、ひざ専用のサポーターも必要です。


ひざの痛みに関する治療法
後十字靭帯損傷や後十字靭帯断裂の治療法として、その症状の程度によっては、外科手術を行うという選択がなされることがあります。この膝の再建手術方法と成功率に関しては、医師に確認の上で十分に理解したうえで行うことが大切です。


後十時靭帯損傷及び後十字靭帯断裂の対処法
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂といったケガの症状の場合、症状が軽度であれば膝の自然治癒を待つ方法がとられます。これは前十字靭帯より靭帯が太いためというのと、血流が届きやすい位置にあるためと言われています。
ただし、自然治癒が場合によっては困難である場合もありますので、その場合は保存療法という治療法で対処します。


後十字靭帯損傷・断裂には膝のリハビリ運動のトレーニングを取り入れましょう
痛みや辛い症状がある後十字靭帯損傷・断裂に効果的である運動があります。
膝を回しながら行う運動は膝のリハビリとして行われ痛みを軽減すると言われています。
毎日行うトレーニングとして続けていく事が大切です。


後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂には膝サポーターを活用できます
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂には、スポーツ用の膝サポーターがあります。
膝サポーターの装具はサイズが各種あり、後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂の症状に合わせて、選ぶのが重要です。膝サポーターを選ぶとき、整体師さんなどの専門家に聞くのが良いです。


膝に痛みを感じた場合のテーピング
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂の症状が現れた場合に、それが早期であればひざのテーピングやギプスなどでの固定を行うことによって症状が改善されるケースが多くあります。また、それに加えてリハビリ治療も行われる事が多いようです。


ひざの痛みに対する治療法
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂など靭帯を痛める事によって生じる症状の治療法には、理学療法や運動療法のような保存療法と靭帯再建手術などの方法があります。ほどんどの場合は、保存療法による治療が選択されます。


ひざの痛みを解消する
後十字靭帯損傷の症状の一つとして、寝ている状態からの起始めにひざに痛みを感じる場合があります。
損傷の程度が軽いという場合には、包帯やギプス、テーピングなどで固定することによって痛みを抑える事が出来ます。


ひざの痛みの後遺症
ひざに痛みを生じる原因の一つとして、後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂というものがあります。適切な治療やリハビリを行うことによって、後遺症が起こることはほとんどなく、スポーツ競技への復帰も十分に可能です。


後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂は、どんな人がなりやすいのか
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂とは、ひざにある後十字靭帯という靭帯に何らかの原因でダメージが加わり、損傷もしくは断裂といった症状を引き起こすというものです。 この怪我はどんな人がなりやすいかというと、膝に負担のかかりやすいスポーツをしている人が多く、他にもスポーツ等をしていなくても、交通事故に遭った際に痛める場合もあります。


右膝の痛みの原因として考えられる事
右ひざに痛みを生じる症状として、右膝後十字靭帯損傷というものがあります。症状は、右膝前十字靭帯損傷とほぼ同様ですが、前十字靭帯損傷ほどの不安定感がないのが一般的で、全く運動を行う事が出来ないということはありません。
右膝を痛める主な6大原因


左膝後十字靭帯損傷について
左膝後十字靭帯損傷すると歩行も困難な状況となり、日常生活にも多少なり影響を及ぼす事となります。外科や整骨院などで治療を受けて出来るだけ負担をかけない様に歩行を行っていく必要となる為、治療には時間がかかる状況です。


後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂に効く薬について知ろう
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂における治療の場合、軽度であれば保存療法を行い、ひざのサポーターを着用して生活する事が多いです。その場合にでも痛みは多少なりともあるため、痛み止めの薬などを服用して治療を行います。


後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂のスポーツ復帰にかかる期間について知ろう
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂と診断された場合、スポーツ復帰するまでには約6ヶ月はかかると言われています。その間、ひざのリハビリを行いつつ、自宅でも太ももなどの筋肉を強化する訓練が必要になってきます。


ひざの靭帯損傷予防策
後十字靭帯損傷と後十字靭帯断裂は、ひざの痛みを引き起こす病気です。
靭帯損傷では、ひざへの負担が原因ではなくスポーツなどの急な外傷として発症します。
予防対策として、ひざに負担をかけることなく身体の関節を強化することが大切です。

スポンサードリンク