腓腹筋断裂とはふくらはぎの肉離れのことで筋肉が損傷してしまうこと

腓腹筋断裂とはふくらはぎの肉離れのことで筋肉が損傷してしまうこと

腓腹筋断裂とは何科を受診すれば良いのでしょうか
腓腹筋断裂とは、ふくらはぎの肉離れのことで、スポーツをしている時や日常生活において、急に動くなどの瞬発的動作が加わった時に、ふくらはぎが強く伸ばされてその力に耐えかねて断裂してしまうことです。 腓腹筋断裂を起こしてしまった時は、すぐさま座るか寝るかし、圧迫固定した後、アイシングを行う応急処置をして下さい。 その後、何科を受診するかと言うと、整形外科が適切です。

 

 

腓腹筋断裂の症状とはどのようなものをいうのか
腓腹筋断裂は、一般的に肉離れと呼ばれるもので、スポーツなどをしている時に急な負荷を筋肉にかけてしまい筋肉が断裂してしまうことです。腓腹筋断裂の症状とは、急に激しい痛みを感じて、歩くことすらままならなくなります。断裂した部分は触れば凹んでいるので、断裂箇所がどこか知ることは可能です。

 

 

腓腹筋断裂の原因とは
腓腹筋断裂とは、ふくらはぎの肉離れのことで、30代以降のスポーツ愛好家に多い症状です。 腓腹筋断裂の原因とは、走る、跳ぶ、跳ねる、ステップするといった、瞬発的な動きをする時に、ふくらはぎの筋肉が強く引っ張られて損傷してしまうことによります。 スポーツの時に限らず、高いところから飛び降りたり急に動き出した時といった、日常生活での動作が原因になる場合があります。

 

 

腓腹筋断裂の検査とは超音波検査やmriを撮ったりする
筋肉の病気は発症する部分によって種類がいくつもありますが、ふくらはぎに発症する病気の1つが腓腹筋断裂で、激しい運動を行っている最中や階段を早足で上り下りしている時等に発症します。 病院に行くと治療の前に検査を受ける必要がありますが、腓腹筋断裂の検査とは超音波検査やmriを撮ったりします。

 

 

ふくらはぎの肉離れ腓腹筋断裂
スポーツをする人に多く見られるふくらはぎの筋肉の損傷は、腓腹筋断裂と呼ばれています。 この腓腹筋断裂の治療とはテーピングで固定しアイシングをすることから始まり、約2週間〜3週間、包帯で固定を行う治療方法になります。

スポンサードリンク

関連ページ

膝の裏が痛い24の原因とは?
子供が「足の膝の裏が痛い」と訴える原因、膝の痛みとマラソン、血管が浮き出る、膝の痛みとテーピング、リンパの停滞による膝裏の痛みの解消、膝の腫れといった症状、ランニングが原因?歩き過ぎで膝の裏が痛い、14大原因を解説してます。
膝裏のリンパに痛み
リンパの腫れがある場合は注意が必要、正しい膝裏リンパのマッサージの仕方、膝裏のリンパの痛みは病気の可能性?ひざ裏のリンパの詰まり、下肢静脈癌の病気の疑い?リンパの循環が低下してる、膝裏のむくみを解消する、循環系の病気の疑いを解説してます。
膝の裏の腫れ
膝の裏の腫れは病院の何科、膝の裏の腫れの原因、リンパの腫れ、しこり、腫れの治療、筋肉や骨の問題、のう種と呼ばれる病気の可能性が溜まる、膝の軟骨、半月板の損傷、膝に負担がかかりすぎて痛みを感じる、リンパの循環が低下しているを解説してます。
膝の裏がかゆい
膝の裏が痒い病気を探る、膝の裏が痒い原因を探る、アトピー性皮膚炎かも、膝の裏の蕁麻疹は湿疹に似た皮膚炎、子供の膝の裏湿疹、一過性の湿疹や下肢静脈瘤などの病気、アトピーとは?皮膚が重なり合う箇所に症状が出易くなりますを解説してます。
膝の裏が赤い
膝の裏の赤い発疹、斑点の原因、赤ちゃんの膝の裏が赤い原因と予防法、エルゴ(抱っこ紐)の使用で膝の裏が赤くなる場合は、夏であれば汗疹の可能性も、関節部位は乾燥しやすい、膝の裏は汗がたまりやすい、膝の裏がじゅくじゅくするを解説してます。
膝の裏の血管
膝の裏の血管の病気、血管が黒い原因、血管が浮き出る原因、膝の裏の毛細血管の血流が悪くなる、下肢静脈瘤の可能性がある?下肢静脈瘤になりやすい人とは?下半身を動かすのが辛い、熱がこもる、痛みの原因が膝の裏の血管の滞りを解説してます。
膝の裏の筋肉はは疲労しやすい
膝の裏の筋肉は疲労しやすく痛めやすい筋肉、膝の裏の筋肉痛、ランニングしてて起こる膝の裏の筋肉痛、ストレッチが効果的、腓腹筋の肉離れのテーピング処置、筋肉が早く疲労してこむら返りや肉離れを発症する、パンパンに腫れていたりするを解説してます。
腓腹筋の把握痛
腓腹筋の痛みの原因、腰痛の関係、腓腹筋が肉離れを起こすと激痛を伴う、腓腹筋を押すと痛い時、筋肉が加齢や運動不足になどにより弱くなる、ふくらはぎのむくみを伴う深部静脈血栓症、若年性皮膚筋炎、ビタミンB1欠乏性ニューロパチーを解説してます。
腓腹筋の肉離れや痙攣などの症状
腓腹筋の肉離れの原因、張りの原因はアキレス腱にある?腓腹筋の萎縮がみられる場合、違和感があった場合には注意が必要、腓腹筋痙攣の原因、治療、麻痺が起こると運動が出来ない?の瞬発力を必要とする運動では起こりやすくなりますを解説してます。
腓腹筋の内側頭とは
腓腹筋の内側頭とはどこか、腓腹筋内側頭の痛み、内側と外側の腓腹筋が合流してアキレス腱につながる、背伸びをして腓腹筋の筋トレをする、下肢の疲れをとるストレッチ、腓腹筋を細くするためには、カーフレイズという筋トレを解説してます。