ヒラメ筋とスポーツの関係性とは?

スポンサードリンク

ヒラメ筋とスポーツの関係性とは?

 

テニスのプレー最中に起きるヒラメ筋損傷による肉離れかも!?
肉離れはスポーツの中でも特に、テニスのプレー最中に起きることが多いです。肉離れはヒラメ筋を痛めることにより発症します。飛んだり跳ねたりした際に、筋肉が急速に伸びることが原因です。また、日常生活の中でも高めの段差から飛び降りたり、急に走り出したりしても痛めることがあります。

 

 

ヒラメ筋とサッカー
サッカーなど持久力が必要となるスポーツをしていて、ヒラメ筋に痛みがある場合、疲労が考えられます。ふくらはぎにある筋肉のほとんどは血管の少ない白筋で、ヒラメ筋のみが赤筋になります。ヒラメ筋への血流が乏しくなると疲労物質がたまり、痛みとなってきます。

 

 

歩行やランニングを支えてくれるヒラメ筋
ふくらはぎの筋肉は、深層のヒラメ筋と浅層の腓腹筋から成っています。ヒラメ筋は、歩行やつま先立ちをする時に関与する筋肉です。ウォーキングやランニングの前には、ヒラメ筋や足首のストレッチをしておくと、アキレス腱炎などの痛みを予防することができます。

 

 

ヒラメ筋は持久力走行担当です
ヒラメ筋は、その大部分を腓腹筋に覆われてくる扁平な筋肉で、語名は靴底に由来しています。持久力が必要な時に主に活躍します。陸上競技のマラソンなどの長距離走を走行中に、ヒラメ筋を筋肉痛や肉離れで痛める可能性があります。

 

 

ヒラメ筋は短距離走等にふくらはぎに負担がかかる
ヒラメ筋は短距離走等、急激にふくらはぎに負担がかかる競技で痛めやすい部位です。主な原因はウォーミングアップ不足や疲労蓄積で、特に冬場に痛める事が多いです。予防にあたっては競技前に入念にウォーミングアップやストレッチを行ない、筋肉を温める事。競技後は入浴やマッサージで早目に疲労をとる事が大切です。

 

 

ヒラメ筋のマッサージの画像
筋肉痛とふくらはぎのヒラメ筋
ヒラメ筋はふくらはぎの部分にある筋肉で、普段は何もしていない人が急に激しい運動などを行うと筋肉痛の痛みが出ることがあります。 痛いと感じるようになったら、激しい運動はやめてストレッチや優しくマッサージを行うことをお勧めします。

 

 

マラソンでヒラメ筋の痛みが起こる事も
マラソンやランニングでヒラメ筋の痛みが起こる事もあり、特に足のとても大切な筋である事から、こうしたマラソンやランニングを行う前に一度準備運動を行う事が必要となります。ヒラメ筋の痛みが出た場合も完治するまで無理は控える必要があります。

 

 

ヒラメ筋の痛みをテーピングで固定
ヒラメ筋の痛みをテーピングで固定する事などでも、まずはそれぞれの対応から考えても筋が張っている状況であったりすると、歩行の際に痛みが走ったりする事となります。安定させる為にはテーピングを活用する事も重要となります。

 

 

ヒラメ筋の治療と痛み
ヒラメ筋の治療にはストレッチなども効果的ですが、痛みがあるときには注意が必要です。痛みがあるときに強い刺激のある治療は逆効果となる場合があるからです。再発のことや、部分ではなく全体のことを意識してくれる治療院で専門的な治療を受けると良いです。

 

 

ヒラメ筋の筋肉痛対処
ヒラメ筋の筋肉痛対処に関しては、丁度ヒラメの形をした部分で筋肉痛を起している事とすると、シップなどを貼ったりしながら痛みを柔らげたりする事が必要であり、ヒラメ筋の筋肉痛としてまずは腫れを引かせる事も重要です。

 

 

ヒラメ筋肉離れに関して
ヒラメ筋肉離れに関しては、丁度足のふくらはぎの辺りに掛けて肉離れの症状を見せていく事となり、そこで痛みが伴う状況としては、やはり炎症を起こしていたりする事が考えられます。そこを踏まえて色々と対応して行く必要があります。

 

 

ヒラメ筋の筋肉太り
ふくらはぎには「ヒラメ筋」という筋肉があります。 このヒラメ筋がカチカチになると、女性を悩ますふくらはぎの筋肉太りになってしまいます。 ふくらはぎの筋肉太りの解消・予防方法としては筋肉をほぐすマッサージと、無酸素運動を控え有酸素運動を行うことです。

 

ヒラメ筋のストレッチをするの画像
ヒラメ筋肉離れの原因
単刀直入に言いますと、ヒラメ筋肉離れはヒラメ筋の疲労が原因です。 筋肉は、運動することで疲労物質が蓄積されます。それによって筋肉の柔軟性が失われてしまいます。その伸び縮みがうまくできない状態で、強い負荷が加わってしまう事で肉離れとなってしまうのです。 運動の前後にストレッチをするなど疲労物質が溜まらないようにし、筋肉の柔軟性が維持できると良いでしょう。

 

 

ヒラメ筋が炎症で筋肉痛
マラソンブームにより、ランニングを始める方が増えています。しかし、急にランニングをすることで筋肉に負担が起こり、ヒラメ筋に炎症が発生し、筋肉痛になる場合があります。予防する方法はストレッチなどを行い、筋肉を解すことです。

 

 

ヒラメ筋と腓腹筋の肉離れ
ふくらはぎの筋肉は、表面にある筋肉と、内側にある筋肉で構成されています。 このふくらはぎの筋肉を構成するのは、ヒラメ筋と腓腹筋です。 ふくらはぎの筋肉の中でも最も肉離れを発症しやすいのは腓腹筋は披露に弱いという特徴を持つ筋肉でもあります。

スポンサードリンク

関連ページ

ヒラメ筋を痛めたプロサッカー選手
FWパウロ・ディバラ選手が左ヒラメ筋を負傷、DFジョルジョ・キエッリーニの右足ヒラメ筋負傷、MFダニエレ・デ・ロッシ選手の左足ヒラメ筋負傷、清水エスパルスのMF枝村匠馬選手、DF角田誠選手もなった左ヒラメ筋の肉離れを解説してます。
ヒラメ筋を痛めたスペインのサッカー選手
レアルのFWガレス・ベイル選手のヒラメ筋負傷、バルセロナのGKブラーボ選手、MFラキティッチ選手右足ヒラメ筋を負傷、エイバルのMFケコ選手がヒラメ筋の損傷、良いサイドアタッカーに起こりやすいケガ、戦線復帰は未定、を解説してます。