内側半月板損傷の症状にはキャッチングやロッキングがあり激痛を伴います

スポンサードリンク

内側半月板損傷の症状にはキャッチングやロッキングがあり激痛を伴います

 

内側半月板損傷の症状と痛みについて

 

半月板は、膝内部の内側と外側に1枚すつあります。

 

内側半月板損傷の症状は、疼痛が主症状であり、

 

いわゆる奥歯に物が挟まったような痛みや、

 

膝を伸ばす時に一瞬ひっかかるような

 

違和感(キャッチング)が常にあります。

 

断裂部位が大きい場合には、関節がある角度から

 

伸展できない状態(ロッキング症状)となり、激痛を伴います。

 

 

 

 

内側半月板損傷の2種類の検査

 

内側半月板損傷は、文字通り膝の内側の

 

半月板が損傷することです。

 

半月板は膝のクッションのような役割を果しています。

 

両方の脚で内側と外側に2つずつあり、

 

内側が内側半月板です。

 

内側半月板損傷は、

 

何度も繰り返しての負担が原因の場合と、

 

1回の衝撃が理由の場合があり、

 

スポーツなどが原因での損傷が多いのが特徴です。

 

検査は?超音波検査、あるいはMRI検査が多く行われます。

 

場合によっては関節鏡検査も選択肢です。

 

 

 

 

内側半月板損傷の原因について

 

内側半月板損傷の原因として考えられるのは、

 

急激な動きや無理な体勢をとって膝を酷使したり、

 

強く打ち付けたりした時に吸収しきれない程の

 

負荷が掛かる為だと考えられています。

 

その為に半月板が欠けてしまったり断裂してしまう事があります。

 

運動中の膝の怪我で発生する事が多く有ります。

 

 

 

 

内側半月板損傷の水平断裂とは?

 

膝の急な痛みの原因の一つとして

 

名高い内側半月板損傷ですが、

 

その断裂の仕方で色々な種類に分ける事ができます。

 

水平断裂や縦断裂、L字型断裂などです。

 

その中でも中高年に特に多い水平断裂とは?

 

水平断裂も他と同じで半月板が

 

断裂することは同じなのですが、

 

半月板を横から見るとスライスしたように

 

真横に亀裂がはいっている状態です。

 

 

加齢によっての内側半月板損傷の画像

 

 

酷くなるとどうなる

 

内側半月板損傷は膝の関節の中のクッションの

 

役割をする部分が損傷する症状です。

 

膝を動かすときにひっかかったような感じになり、

 

酷くなると歩行ができなくなるほど痛みが出ます。

 

その理由はスポーツの怪我などが原因の場合と

 

加齢によっての場合とがあります。

 

 

 

 

 

内側半月版損傷にはサポーター

 

半月板損傷は、誰にでも起きうる可能性があります。

 

運動不足や加齢、また肥満などが原因となり、

 

軟骨が減少し半月板を損傷してしまうことがあります。

 

内側半月版損傷のサポーター画像

 

スポーツなどが原因で起きるのは

 

内側半月板損傷が多いです。

 

ほとんどの場合はサポーターなどで

 

固定する保存療法を行いますが、

 

難しい場合は手術を行います。

 

 

 

 

内側半月板損傷のリハビリについて

 

内側半月板損傷は、膝のケガの一種で、

 

後遺症もあります。

 

膝の筋力が低下して、体重を支えずらくなるので、

 

膝の筋力回復役立つリハビリが行なわれます。

 

内側半月板損傷のリハビリは、

 

普通の動きをとることができるように、

 

徐々に筋肉の回復を図っていくリハビリです。

 

 

 

 

内側半月板損傷が多い理由

 

内側半月板損傷は膝にある

 

内側の半月板が損傷する疾患です。

 

スポーツを行っている人に多い内側半月板損傷の画像

 

スポーツを行っている人に多い理由は、

 

膝へ負担がかかる動きにあります。

 

外側半月板より内側半月板損傷の方が起こりやすく、

 

その理由は膝の内側がより負担が大きいからです。

 

一回の大きな衝撃で損傷する場合と、

 

何度も繰り返し負担がかかることで損傷する場合があります。

 

 

 

 

変形性膝関節症との関係は

 

内側半月板損傷は、膝の内側に

 

大きな負担がかかる事で起こります。

 

主にスポーツ選手がなりやすいです。

 

変形性膝関節症との関係は、

 

内側半月板損傷の後遺症としてなることが多いです。

 

どちらも強い痛みがあり、

 

酷いときだと歩けなくなるほどの強い痛みがします。

スポンサードリンク

関連ページ

半月板の痛み
半月板の痛みの直後は冷やす?半月板損傷で痛む場所、半月板の痛みの原因は?治療とリハビリ方法、半月板の痛みを緩和する方法、三日月のような形をした軟骨、オーバーユース、膝の内側や外側、裏側が痛みます、急激な動きや無理な体勢を解説してます。
半月板損傷は曲げ伸ばしがしにくく激痛が走る
病院で治療してもらう、ひざの病気を治す、減量、ダイエット、筋トレ、ストレッチの可動域訓練、自己流の走り方、歩き方のフォームを改善、ひざの負担を軽くするシューズを選ぶ、X、O脚を改善、膝のサポーターなどの9つのの治し方について解説してます。
半月板断裂
半月板断裂とは?病院の何科?半月板断裂と半月板損傷の違い、半月板断裂の症状、体重が加わった状態でのひねりや衝撃による原因、抗生物質を配合した消炎鎮痛湿布薬を貼る治療方法、無理な動きで膝を酷使する、市販のコンドロイチン薬を内服を解説してます。
膝半月板損傷の症状
膝半月板損傷の症状はミシミシやパキパキという音がして、酷い状態なら整形外科で手術が必要、痛み、半月板損傷とロッキングの症状、半月板損傷は子供がスポーツ中に起こりやすい、た、転倒や事故などの激しい衝撃を受けた時になりやすいを解説してます。
半月板損傷の手術
半月板損傷の手術の入院日数、半月板損傷の手術後のリハビリ、半月板損傷の手術の予後、手術と麻酔、手術後全治するまで、患部を安静にさせるために松葉杖、通常の生活が送れるまでに回復する日数は?硬膜外麻酔とは?麻酔薬を注入する方法を解説してます。
半月板損傷のリハビリ
半月板損傷の手術後のリハビリ、リハビリはストレッチが1番効果的、半月板損傷のリハビリにおける筋トレや、その他のトレーニング、半月板損傷のリハビリはボールでゴロゴロ、半月板損傷のリハビリ期間、体質などにより開始時期が異なるを解説してます。
半月板損傷になったプロスポーツ選手
右ひざ、左ひざ、外側などの半月板損傷になった長友佑都、本田圭佑などのプロスポーツ選手、再建手術後からリハビリ治療、トレーニングでの復帰(復活)までの期間は?半月板損傷になりやすいプロスポーツは?手術以外の保存療法について解説してます。
半月板損傷と闘うプロサッカー選手たち
コンサドーレ札幌MF稲本潤一選手半月板損傷で全治5か月、ヴァンフォーレ甲府のMF黒木聖仁選手のケガで手術、サンフレッチェ広島の宮良選手が手術。ドルトムントのDFスクデリ選手半月板損傷、半月版損傷と闘うACミランのロマニョーリ選手を解説。
半月板損傷と闘うプロスポーツ選手
大関・照ノ富士左膝の半月板を損傷、約7週間の休業、西武の佐野泰雄投手左膝関節鏡視下半月板縫合術を受けた、左ひざの半月板断裂で手術を受けたデリック・ローズ選手、プラード内野手が右膝半月板損傷修復手術を受けシーズン中には復帰見込!を解説。
膝半月板損傷の治療は3つを行います
膝の半月板損傷の治療方法、ヒアルロン酸注射が効果的、膝のサポーターが有効、月板損傷の治療期間は、術後2か月〜3か月ぐらいです、サッカー選手に多い半月板損傷の治療、理学療法や保存療法で治すを解説してます。
半月板損傷しやすい9のスポーツ
中高年の方でもテニスやゴルフで半月板損傷してしまうケース、サッカーで半月板損傷を発症する、ラグビーやアメフト、バスケ、バドミントン、バレーボール、野球を解説してます。
膝関節ロッキング現象と半月板損傷症状
膝関節のロッキングとは?膝のロッキングを治す方法、膝を伸ばしたり曲げたりすることができなくなる症状、原因、治療、予防対策、簡単にできる膝のロッキング解除法、正しい膝のロッキングの外し方、手術費用では保険は適用されるを解説してます。
外側半月板損傷の保存療法
外側半月板損傷の膝に力が入らない症状、外側半月板損傷の原因、外側半月版損傷の保存療法、外側半月板損傷の治療と手術、外側半月板損傷のリハビリ方法、外側半月板損傷になりやすいスポーツとは?保険は適用される?費用は?を解説してます。
円盤状半月板
円盤状半月板とは何か、病院の何科?膝関節の痛みやひっかかったような感じの症状、原因の多くが外傷や老化になります、温存療法やヒアルロン酸を注入するなどの治療方法、手術費用とは?入院の期間は?保険は効く?レントゲンやMRIを解説してます。