半月板損傷の手術では硬膜外麻酔が用いられることがあります

スポンサードリンク

半月板損傷の手術では硬膜外麻酔が用いられることがあります


半月板損傷の手術の入院日数

半月板損傷の手術。半月版とはひざ間接の大腿骨と頚骨の間にあるものです、この半月板はひざに強い衝撃が加わったりした場合、半月板が損傷したとき半月板損傷といわれます。入院期間は最短3日必要であり、入院日数の実際は1,2週間ほどでしょう。


 

半月板損傷の手術の予後について

スポーツ外傷の中で多い半月板損傷は手術する場合があります。半月板損傷の手術は、小さな傷をつけそこから半月板の損傷のみ切除して後は温存するという方法に変わってます。そのため、半月板損傷の手術の予後は1週間ほどで通常の生活が送れるまでに回復します。症状が酷かったり複雑だったりする場合は手術の方法によって長期的なリハビリも必要になります。


 

半月板損傷の手術と麻酔

半月板損傷の手術では、硬膜外麻酔が用いられることがあります。硬膜外麻酔とは、背骨の中にある脊髄近くまで針を刺して細いチューブを通し、脊髄を包んでいる硬膜の外側に留置させた上で、麻酔薬を注入する方法です。


 

半月板損傷の手術後全治するまで

半月板損傷は、特にスポーツをする人がなりやすく、膝の関節の靭帯を損傷することによって起こる外傷です。日常生活やスポーツをする上で支障がある場合は、半月板損傷の手術を行います。その後全治するまでの間、リハビリで回復を図っていきます。



半月板損傷の手術をして復帰できるのはいつ?

半月板損傷の手術で車いすで移動してるの画像

個人のよって復帰できる期間はさまざまです。

プロスポーツ選手の手術から復帰までをまとめてみました。

参考にしてみてください。

半月板損傷の手術をして復帰できたプロスポーツ選手



膝の痛みの原因のひとつに半月板損傷があります
膝半月板損傷の症状のひとつに膝の曲げ伸ばしを行う事が出来ないロッキング現象が起こる場合があります。ロッキング現象によって痛む部分は、損傷した半月板を縫合もしくは切除する手術を行なう事が必要となります。


膝関節ロッキング現象とは?




半月板損傷の治療(手術)


半月板損傷の内視鏡手術の画像

外傷性の軽い場合は保存療法もありますが、根本的な解決にはならないです。

治すには手術を受けることになります。

手術は半月板縫合術と半月板切除術

主に損傷の程度により、半月板縫合術と半月板切除術に分かれます。

内視鏡で手術されます。



膝半月板損傷の手術にはメリットやデメリットが存在する

膝半月板損傷の手術にはメリットとデメリットがあります。半月板損傷は膝に痛みを感じます。

手術のメリットは半月板の損傷を長い時間放置すると軟骨に影響を与えるので手術をすることによって影響を与えなくすることができます。デメリットはリハビリの期間が長くなることです。



膝の軟骨がすり減る変形性膝関節症、膝の軟骨損傷による痛み、膝の軟骨の治療法、子供の膝の軟骨が出る原因と予防法、膝の軟骨を増やすのは難しい、膝の軟骨の磨り減りに注意、とりの膝の軟骨のレシピ、膝の軟骨を再生するを解説してます。

膝軟骨の再生医療が保険適用できる?



膝半月板損傷の手術費用と保険について

膝半月板損傷の手術費用は一例ではありますが自己負担で15万円前後となっています。この手術では保険が適用されるため比較的安い費用で手術を行うことができます。手術後は3日程度の入院が必要となります。その後1か月から2か月通院及びリハビリを行う必要があります。




膝半月板損傷手術後の後遺症
膝半月板損傷手術後の後遺症は少なからずあります。手術をすることで、膝の損傷を治すことはできますが、手術後に痛みが発生する場合があります。階段の上り下りや走ることなど膝をまげることに痛みがでることがあります。




半月板損傷は手術以外の治療法は?

半月板は血流がない所なので自然治癒は難しい組織です。医師に手術をすすめられているなら手術したほうがいいです。

水がたまっている場合、水を抜きヒアルロンサンを注射にて投与する。

グロコサミン、コンドロイチン等良いものは摂取する。

理学療養や保存療法、接骨院・整形外科にて電気治療、超音波治療、ギプス固定や装具・リハビリなど。

いろいろ試して効果がなければ最終的に手術となります。


膝の痛みと痛い膝の注射、膝の注射の種類、膝の注射の効果と施術、アルツという薬と膝の注射、膝関節の注射の回数、注射は膝に足りなくなっている成分を補うために行うもので複数回に分けて注射をすることでその効果を最大限引き出せる?を解説してます。

膝関節の注射は足りなくなっている成分を補うために行うものです


ヒアルロン酸と膝の痛み、ヒアルロン酸注射する時の料金で保険適用される?保険は何割適用?膝の痛みを抑える効果が期待、ヒアルロン酸サプリの効果、ヒアルロン酸注射での副作用、ヒアルロン酸サプリを摂っても、膝に届くわけではありませんを解説してます。

膝のヒアルロン酸注射は保険適用で何割負担?



半月板損傷の手術後のリハビリ

半月板損傷の手術後のリハビリですが、まず悪くなっている下肢の循環を回復させることが重要になりますので、最初は患部を安静にさせるために、松葉杖が処方されます。そして、組織の回復が進み、炎症が落ち着いてきたら、日常動作を取り戻すために膝関節の可動域拡大と筋力訓練といった内容に移行します。



半月板損傷のリハビリスケジュール

個人差はありますがリハビリの目安です。

手術後1〜2日は免荷で安静

手術後3日くらいから両松葉杖で歩行開始

手術後4〜5日で徐々に荷重開始

手術後7日くらいで片松葉(1/2または2/3荷重)

手術後10日前後で松葉なし(full荷重)

手術後14日前後で退院

退院後、1か月に1回のペースで外来通院をし、それとは別にリハビリテーションに通う

自由に動けるようになるには3か月必要



半月板損傷で手術後の再発に注意する

半月板損傷で手術を行い、リハビリをして完全に治ったと安心していても、スポーツや普段の生活のなかで膝に負担をかけてしまうと再発してしまうケースが多くあります。完治した後も、スポーツをする前には入念にストレッチをする、など心がけましょう。



スポンサードリンク

関連ページ

半月板の痛み
半月板の痛みの直後は冷やす?半月板損傷で痛む場所、半月板の痛みの原因は?治療とリハビリ方法、半月板の痛みを緩和する方法、三日月のような形をした軟骨、オーバーユース、膝の内側や外側、裏側が痛みます、急激な動きや無理な体勢を解説してます。
半月板損傷は曲げ伸ばしがしにくく激痛が走る
病院で治療してもらう、ひざの病気を治す、減量、ダイエット、筋トレ、ストレッチの可動域訓練、自己流の走り方、歩き方のフォームを改善、ひざの負担を軽くするシューズを選ぶ、X、O脚を改善、膝のサポーターなどの9つのの治し方について解説してます。
半月板断裂
半月板断裂とは?病院の何科?半月板断裂と半月板損傷の違い、半月板断裂の症状、体重が加わった状態でのひねりや衝撃による原因、抗生物質を配合した消炎鎮痛湿布薬を貼る治療方法、無理な動きで膝を酷使する、市販のコンドロイチン薬を内服を解説してます。
膝半月板損傷の症状
膝半月板損傷の症状はミシミシやパキパキという音がして、酷い状態なら整形外科で手術が必要、痛み、半月板損傷とロッキングの症状、半月板損傷は子供がスポーツ中に起こりやすい、た、転倒や事故などの激しい衝撃を受けた時になりやすいを解説してます。
半月板損傷のリハビリ
半月板損傷の手術後のリハビリ、リハビリはストレッチが1番効果的、半月板損傷のリハビリにおける筋トレや、その他のトレーニング、半月板損傷のリハビリはボールでゴロゴロ、半月板損傷のリハビリ期間、体質などにより開始時期が異なるを解説してます。
半月板損傷になったプロスポーツ選手
右ひざ、左ひざ、外側などの半月板損傷になった長友佑都、本田圭佑などのプロスポーツ選手、再建手術後からリハビリ治療、トレーニングでの復帰(復活)までの期間は?半月板損傷になりやすいプロスポーツは?手術以外の保存療法について解説してます。
半月板損傷と闘うプロサッカー選手たち
コンサドーレ札幌MF稲本潤一選手半月板損傷で全治5か月、ヴァンフォーレ甲府のMF黒木聖仁選手のケガで手術、サンフレッチェ広島の宮良選手が手術。ドルトムントのDFスクデリ選手半月板損傷、半月版損傷と闘うACミランのロマニョーリ選手を解説。
半月板損傷と闘うプロスポーツ選手
大関・照ノ富士左膝の半月板を損傷、約7週間の休業、西武の佐野泰雄投手左膝関節鏡視下半月板縫合術を受けた、左ひざの半月板断裂で手術を受けたデリック・ローズ選手、プラード内野手が右膝半月板損傷修復手術を受けシーズン中には復帰見込!を解説。
膝半月板損傷の治療は3つを行います
膝の半月板損傷の治療方法、ヒアルロン酸注射が効果的、膝のサポーターが有効、月板損傷の治療期間は、術後2か月〜3か月ぐらいです、サッカー選手に多い半月板損傷の治療、理学療法や保存療法で治すを解説してます。
半月板損傷しやすい9のスポーツ
中高年の方でもテニスやゴルフで半月板損傷してしまうケース、サッカーで半月板損傷を発症する、ラグビーやアメフト、バスケ、バドミントン、バレーボール、野球を解説してます。
膝関節ロッキング現象と半月板損傷症状
膝関節のロッキングとは?膝のロッキングを治す方法、膝を伸ばしたり曲げたりすることができなくなる症状、原因、治療、予防対策、簡単にできる膝のロッキング解除法、正しい膝のロッキングの外し方、手術費用では保険は適用されるを解説してます。
内側半月板損傷の症状にはキャッチングを伴います
内側半月板損傷の症状と痛み、内側半月板損傷の原因、内側半月版損傷にはサポーター、リハビリ、内側半月板損傷の手術方法、膝を伸ばす時に一瞬ひっかかるような違和感(キャッチング)、伸展できない状態(ロッキング症状)を解説してます。
外側半月板損傷の保存療法
外側半月板損傷の膝に力が入らない症状、外側半月板損傷の原因、外側半月版損傷の保存療法、外側半月板損傷の治療と手術、外側半月板損傷のリハビリ方法、外側半月板損傷になりやすいスポーツとは?保険は適用される?費用は?を解説してます。
円盤状半月板
円盤状半月板とは何か、病院の何科?膝関節の痛みやひっかかったような感じの症状、原因の多くが外傷や老化になります、温存療法やヒアルロン酸を注入するなどの治療方法、手術費用とは?入院の期間は?保険は効く?レントゲンやMRIを解説してます。