ゴルフのドライバーの飛距離がグンと伸びる膝の使い方

ゴルフのドライバーの飛距離がグンと伸びる膝の使い方

 

ゴルフのコツは膝を上手く使うこと
初心者の方がゴルフをする際のポイントは、膝の使い方が大事です。どうしても腕の筋肉や手首でスイングしがちですが、足から体の支えの軸である膝の下半身の使い方が大事です。ドライバーがボールに当たった後左膝をしっかり伸ばす事が大事です。

 

 

ゴルフ上達にはドライバーのスイング時の膝が重要
ゴルフが上達する第一歩は膝の使い方に気をつけることです。ドライバーのスイングをする際、膝から膝へスムーズに体重を移動させ、その力をドライバーへとのせる事ができれば、ドライバーの飛距離はグンと伸びます。

 

 

ゴルフのバックスイングを会得したいなら!
ゴルフで納得できるバックスイングを実現したいなら、膝の使い方が重要なポイントになります。柔軟性があることが求められますので、ストレッチ体操などを行いましょう。膝が動きやすくなれば、理想的なバックスイングを会得できます。

 

 

ゴルフのダウンスイングを行うスイングプレーン
ゴルフの上達に欠かせないのは、膝の使い方でありダウンスイングを行うスイングプレーンに置いて膝をたたみながらやはり下半身のバネによって飛距離を出す事が出来ます。それはゴルフが上手い人の膝の使い方でショットが安定しスコアアップにつながります。

 

 

ゴルフのスイングは膝の柔軟性が決め手!
ゴルフのスイングを上達させたいなら、膝の使い方が決め手となります。左足に体重がかかっていないと、上手にスイングさせることができません。左足に筋肉をつけて鍛えることはとても大事です。同時に、膝の柔軟性も求められます。

スポンサードリンク

関連ページ

ゴルフのうまさは膝が9割
ゴルフを上達させたいなら!膝が伸びるフォームがポイント、右膝を伸ばすと同時に左膝を伸ばす事、インパクトまでは左膝を伸ばさない、ゴルフのうまさは膝が9割!を解説してます。
ゴルフの左膝の痛み
ゴルフの左膝の痛みは左に体重をかける事で痛い症状が発生、ゴルフでスイングが流れる原因は左膝の痛み、スイングするとき伸びる膝の動きの注意、左膝の痛みとゴルフのバックスイング、ゴルフのスイング時左膝の痛みの予防のため固定が大事を解説してます。