ゴルフのうまさは膝が9割といっても過言ではありません!

ゴルフのうまさは膝が9割といっても過言ではありません!

 

ゴルフを上達させたいなら!膝が伸びるフォームがポイント
ゴルフが上手になりたいと希望しているなら、膝の使い方が大きなポイントになります。膝が伸びるフォームを心がけていれば、スタイルが安定しますから、遠くまでボールを飛ばせます。十分に膝が伸びるように、ストレッチ体操などを心がける方法がおすすめです。

 

 

右膝を伸ばすと同時に左膝を伸ばす事
強烈なインパクトから流れる様なフォローへ。ゴルフスイングを考える時に最も大切なのはインパクトです。しかしそんなインパクトもヘッドが走っていてこそ、強烈さを増すのです。インパクトの時、左足は壁の様に全身の力を受け止めます。そこから右膝を伸ばすと同時に左膝を伸ばす事で、腰が一気に飛球線方向に向くのです。溜め込んだ力が一気に爆発して、クラブが身体に巻きつく様に振り上げられるのです。

 

 

ゴルフのインパクトまでは左膝を伸ばさないこと
ゴルフでは左膝を伸ばさないことが大切です。インパクトまでは左膝を伸ばさないことです。膝が早く伸びると腰が必要以上に回ってしまい、安定したスイングができなくなってしまいます。練習の段階から気をつけましょう。

 

 

ゴルフのうまさは膝が9割!
ゴルフで大切になってくるのはしっかり膝を曲げることです。そしてこの膝の曲げ方にはちょっとしたコツがあります。ポイントは軸足(右利きの人なら右足)の膝の角度を変えないこと。この足が伸びきってしまうと下半身が安定しなくなり、ボールへ力が伝わりにくくなってしまうのです。

 

 

飛距離を伸ばしたいなら!ゴルフは膝の曲げ具合がポイント
ゴルフをよりいっそう楽しみたいなら、ボールの飛距離を伸ばせるように工夫しましょう。膝の曲げ具合がポイントですから、柔軟に動くように体操を行う方法がおすすめです。また、プレーをする前に、念入りに準備運動をすれば膝がよく動くようになります。

スポンサードリンク

関連ページ

ゴルフのドライバーの飛距離と膝の使い方
ゴルフのコツは膝を上手く使う、ゴルフ上達にはドライバーのスイング時の膝が重要、ゴルフのバックスイングを会得したい、ゴルフのダウンスイングを行うスイングプレーンを解説します。
ゴルフの左膝の痛み
ゴルフの左膝の痛みは左に体重をかける事で痛い症状が発生、ゴルフでスイングが流れる原因は左膝の痛み、スイングするとき伸びる膝の動きの注意、左膝の痛みとゴルフのバックスイング、ゴルフのスイング時左膝の痛みの予防のため固定が大事を解説してます。