ゴルフの左膝の痛みは流れる、伸びる膝の動きに注意?

スポンサードリンク

ゴルフの左膝の痛みは流れる、伸びる膝の動きに注意?

 

ゴルフの左膝の痛みは、左に体重をかける事で痛い症状が発生します
ゴルフのスイングの時は、どうしても左に体重をかけるので、膝に負担がかかり痛い事があります。左膝の痛みは、アイシングしてからストレッチする事で、完治する事があります。症状にも寄りますが、痛みが軽症の場合は有効的な治療法です。

 

 

ゴルフでスイングが流れる原因は左膝の痛み
ゴルフのスイングで、体の軸がしっかりとせずに流れる原因として左膝の痛みがあります。 左足は体重がかかり、スイングの中心となる部分なので、痛みを感じた場合には無理をしてはいけません。完全に回復してからプレイするようにしましょう。

 

 

スイングするとき伸びる膝の動きの注意
ゴルフのスイングするときには、伸びる膝の動きが必要になりますが、左膝の痛みをかかえている人は、膝を伸ばすことを意識しないようにしましょう。 軽く曲がった膝の角度を伸ばし切らないでスイングすることが大切です。

 

 

左膝の痛みとゴルフのバックスイング
みなさん、ゴルフの上達講座です。 今回は、ゴルフについてです。 みなさん左膝の痛みや腰の痛みはありませんか。 その痛みの原因は、バックスイングによる痛みだと思われます。 スイングの際に腰を捻りすぎると、身体に負荷をかけてしまうので、 回しすぎないようにしましょう。

 

 

ゴルフのスイング時左膝の痛みの予防のため固定が大事です
ゴルフのスイング時左膝の痛みを感じる方がいます。ゴルフのスイング時膝関節は、スイング後の左足への一気に体重を加重する、無理な関節のねじり、身体のブレを防ぐ為足の内側を無理に緊張させる等あり靭帯が傷つきやすい状態になりやすいのです。その予防のため、膝を無理なく固定する暖めるサポーターなどの使用が望ましいです。

 

スポンサードリンク

関連ページ

ゴルフのうまさは膝が9割
ゴルフを上達させたいなら!膝が伸びるフォームがポイント、右膝を伸ばすと同時に左膝を伸ばす事、インパクトまでは左膝を伸ばさない、ゴルフのうまさは膝が9割!を解説してます。
ゴルフのドライバーの飛距離と膝の使い方
ゴルフのコツは膝を上手く使う、ゴルフ上達にはドライバーのスイング時の膝が重要、ゴルフのバックスイングを会得したい、ゴルフのダウンスイングを行うスイングプレーンを解説します。